高田馬場にポッシサンタ降臨、THE ポッシボーのクリスマスライヴレポ

ツイート

12月24日クリスマス・イブ。東京各所でクリスマスライヴが繰り広げられる中、高田馬場ESPミュージカルアカデミーにはTHEポッシボーがポッシサンタとなって降臨した。

◆THEポッシボー 画像@2011.12.24

ライヴ冒頭、往年のジュリアナ東京を彷彿とさせるディスコサウンドが会場に流れ始める。ミラーボールの煌めきと4つ打ちのビートが2012年の高田馬場に“ディスコ”を創出し、扇子をサイリュームに持ち替えたTHE ポッシボーがステージ中央のお立ち台へ登場。オープニングSEは次第に藤井隆・椿鬼奴とコラボした「やべ~なべ~な 圧力ベ~ナ~」のMix音源へと変化していき、白熱のクリスマスライヴがスタートした。

最近のTHE ポッシボーのライヴの楽しみのひとつに、楽曲アレンジがあげられる。ライヴ毎に使われている音源には、都度、アレンジが加わっているのだ。ファンを飽きさせない演出には毎回驚かされつつも、同時にその手間のかけように感心してしまう。「やべ~なべ~な ジュリアナMIX」とでも呼ぶべきか、1曲目からのこの初出し音源は、原曲もディスコサウンドを意識したビートの「やべ~なべ~な 圧力ベ~ナ~」に、MAXIMIZOR「CAN'T UNDO THIS!!」風のリアレンジが施された。さらに、ディスコの定番「お立ち台タイム」も登場し、会場は1曲目からヒートアップしていく。

そしてポッシ定番の煽り曲「愛してGIVE ME」でたたみ掛け、会場は「ウォイ! ウォイ!」と熱く太い声に包まれていく。中盤には、秋山ゆりかと後藤夕貴が「私の魅力」を、ロビンと諸塚香奈実は「乙女ナゾナゾ」をふたりだけで歌いあげ、普段聞くことのできないハーモニーを紡いだ。

“ふたりだけ”のMCコーナーでは、台本にはないであろう“楽屋トーク”を展開し、アイドルらしい一面も垣間見せつつも、5人が集まれば、要所でパキッとキメたり、セクシーなダンスを放り込んできたり。そんなギャップもポッシライヴの魅力のひとつなのだ。

この日3度目のMCを終えると、事前告知通りの新曲「希望と青春のヒカリ~カモン!ピカッ!ピカッ!~」をこのタイミングで披露する。この曲、年明け早々の2012月1月15日にリリースされるのだが、本ライヴの段階では完成形の音源がどこにも存在していない。なぜなら、この会場、このライヴでレコーディングされるから。

THE ポッシボーは現在、書き下ろしの新曲をライヴ音源として3作連続リリースするという企画の真っただ中。ワンマンライヴで新曲をお披露目するとともに、そのままオーディエンスの声援込みでレコーディングし、次のライヴではその新曲がリリースされ、さらに次のライブでは次の新曲のお披露目&レコーディング……というこの一連の流れ。ライヴの盛り上がりや声がそのままパッケージになるということもあって、メンバーもオーディエンスも盛り上がらない訳がない。

メンバーはステージ上のモニターに足をかけ、客席に身を乗り出して煽ると、オーディエンスは、オフィシャルから公開されている“メンバーが新曲を初めて試聴する場面”の動画や、“新曲のダンスリハーサル”動画を基に、最大限のレスポンスをステージに返す。メンバーとオーディエンスが一緒に作品を作っているという興奮からか、もしくは、盛り上がり過ぎてレコーディングしているのを忘れてしまっているのか定かではないが(多分、後者だろう)、初披露とは思えないエネルギーがステージと客席の間でぶつかり、そして生まれた熱量が、ステージに向けた手元のカメラのレンズを曇らせた。

また、この曲で忘れてはならないのがテーマの「ヒカリ」だ。実は、開場時に入場者全員に手のひらサイズのフラッシュライトが配られていた。ロビンが「みんな、ライト付けて!」と叫ぶと、一度会場の照明が落とされ、場内は赤・青・緑のヒカリの絨毯に。暗転したステージ上でもメンバーが持つフラッシュライトが輝き、会場全体でクリスマス・イルミネーションを作り出した瞬間であった。

「希望と青春のヒカリ~カモン!ピカッ!ピカッ!~」の後には、間髪入れず「ラヴメッセージ!」と、煽り曲を連投。最近のライヴでは「ラヴメッセージ!」の後半に煽りパートが追加されており、THE ポッシボーが持つナンバーの中でも1、2を争う“暴れ曲”にまで成長した。基本、BPM 180を超える高速ナンバーなのだが、追加された煽りパートではそのテンポをさらに加速させていき、最終的にはBPM 220近くまで上昇を続ける。その中で歌い、踊り、全力で飛び跳ねる彼女たちの体力、恐るべし。

結局、新曲披露から7曲を連続披露して本編は終了。そしてアンコールへ。

待つこと5分弱。会場が明転して、ファン待望の“ポッシサンタ”登場だ。サンタ姿のTHE ポッシボーが1曲目に選んだのは、クリスマスソングの定番「White Christmas」。穏やかな気持で耳を傾け……というわけにはいかないのが、昨今の彼女たち。鈴の音と一緒に聞こえてきたのは、8分で刻んだベースにちょっと過激に歪んだギターリフ。そう、言うなれば「White Christmas パンクVer」だ。

“アンコールにもかまして来たか!”と感心している隙も与えないほどのパンクアレンジが施されたナンバーのあとには、「きよしこの夜」をマイクなしのアカペラで披露。クリスマスモードもそこそこに、「ヤングDAYS!!」を経て、エンディングへ。カーテンコールでは、「まだ帰りたくないよ!」とロビンが叫んでいた。

全22曲、1時間40分のライヴは、まさに“あっと言う間”に終わってしまった。終演後、楽屋でメンバーに挨拶をさせてもらったのだが、全員、声がガラガラ。ライヴを終えて“ステージですべて出し尽くしました”と言わんばかりの彼女らの姿に“可能性のヒカリ”を見た気がした。

10月から続いている月1のワンマンライヴ。これは構成・演出からメンバー主導で進んでいるという。1本1本のこだわりに、次のライヴが楽しみでならない。ちなみに次回、2012年1月15日のStudio Cube 326では、今回レコーディングされた「希望と青春のヒカリ~カモン!ピカッ!ピカッ!~」が販売開始となる。

【ライブ情報】
『THE ポッシボー単独ライブ2012 ~年明け1発目からやっちゃいます!~』
日程:2012年1月15日(日)
公演(1) 開場13:30 / 開演14:00
公演(2) 開場17:30 / 開演18:00
会場:StudioCube326(ARK/2F)

『THE ポッシボー2011 なんちゃって カウントダウンイベント』
日程:2011年12月31日(土)
開場16:30 / 開演17:00
会場:StudioCube326(ARK/2F)

【リリース情報】
TNX ONLINE SHOP ライヴ会場限定シングル
「希望と青春のヒカリ~カモン!ピカッ!ピカッ!~」
2012.1.15 RELEASE
GFCG-11111 1000円(tax in.)

◆ナイスガールプロジェクト! オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報