桑田佳祐、「みんなで元気になろうぜ!」

ツイート
2011年の活動を締めくくる<桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~>が、神戸と横浜で開催となった。12月30日と31日は横浜アリーナで行なわれ、年越しライブとなった大晦日公演は、そのタイトルのとおり、いろいろあったけれど「みんなで元気になろうぜ!」という思いをこめ、桑田佳祐らしい大忘年会さながらのエンタメ感あふれるすばらしいステージとなった。

◆桑田佳祐画像

桑田佳祐が横浜アリーナのステージに立つのは2007年<桑田佳祐LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!「よっ、桑田佳祐」SHOW>以来、4年ぶりとなった。久々の横浜での開催にステージに現れた桑田佳祐の姿にオーディエンスは狂喜、テンションも高いまま、年越しを3曲目「いいひと~Do you wanna be loved?~」の演奏後に迎えることとなった。桑田佳祐とともに、会場の14000人全員でカウントダウンを行い、歓喜の中で2012年を迎え祝った。

ステージは、「本当は怖い愛とロマンス」「銀河の星屑」などアルバム『MUSICMAN』を中心に、「明日へのマーチ」や「ダーリン」など全28曲にもおよぶ名曲の数々を、時には弾き語りで、時にはフルオーケストラをバックに従え、縦横無尽に熱唱した。『MUSICMAN』は、2010年に制作され2011年2月にリリースされた作品だが、まるで現在の混迷する世の中の状況を予見するかのような先見性の高い作品であったことが、改めてこのライブで浮き彫りになっていた。ライブ全編を通し随所に世相を切り取る象徴的な演出が盛り込まれ、深みのあるエンタテイメントショーが繰り広げられた。

「私の世紀末カルテ」は2011年末バージョンとして歌詞が書き換われ、現在の世相や自分自身のことにも触れる遊び心が、ひときわ盛大な歓声を引き出していた。また、今回の会場となった神戸と横浜にちなんだMCから、「そして神戸」のカバー、その名も「そして、ヨコーベ」を披露する場面も。クール・ファイブのメンバーに扮する桑田佳祐の映像をバックに流し、オーディエンスを大いに喜ばせた。また、原由子がサプライズで登場しサザンオールスターズの「シャ・ラ・ラ」をデュエットするなど、サプライズも満載のステージが繰り広げられた。

<桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~>
1.それ行けベイビー!!
2.現代人諸君(イマジン オール ザ ピープル)!!
3.いいひと ~Do you wanna be loved ?~
4.ベガ
5.悲しみよこんにちは
6.グッバイ・ワルツ
7.SO WHAT ?
8.古の風吹く杜
9.OSAKA LADY BLUES ~大阪レディ・ブルース~
10.そして、ヨコーベ
11.恋の大泥棒
12.本当は怖い愛とロマンス
13.傷だらけの天使
14.ダーリン
15.白い恋人達
16.シャ・ラ・ラ
17.狂った女
18.EARLY IN THE MORNING ~旅立ちの朝~
19.私の世紀末カルテ
20.明日へのマーチ
21.銀河の星屑
22.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
23.波乗りジョニー
24.Let's try again ~kuwata keisuke ver.~
ENCORE
1.こんな僕で良かったら
2.君にサヨナラを
3.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
4.希望の轍

◆桑田佳祐 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報