キルスイッチ・エンゲージからハワード・ジョーンズ脱退

ツイート
キルスイッチ・エンゲージが、2002年7月からバンドのヴォーカリストとして参加しているハワード・ジョーンズの脱退をアナウンスした。以下がオフィシャルの声明だ。

   ◆   ◆   ◆

私たちの家族、友人、そしてファンへ
私たちはキルスイッチ・エンゲージをボーカル、ハワード・ジョーンズ無しで進めていく事を決めました。
私たちはハワードを愛していますし、9年もの間、彼と一緒に活動できたことをとても感謝しています。
この件に関係する全ての人に敬意を払い、この決断に至った理由に関しては明かさないつもりです。
ハワードは今までも、そしてこれからも、私たちの家族の一員である事に変わりはありません。彼に今後素晴らしい日々が訪れる事を、心から願っています。

彼が残した足跡はとてつもなく大きいものですから、次のシンガーを見つけ出す事は非常に困難な道のりになると思いますが、これがまずキルスイッチ・エンゲージとしてなすべき第一歩になります。
そして、何よりも重要なのが、この何年もの間サポートしてくれた全ての人たちです。みんなには感謝の念でいっぱいです。心の底から感謝しており、そう遠くない未来、誇りを持って発表するニュー・アルバムを皆に届けられる事を楽しみにしています。

心を込めて、
アダム、ジョエル、マイク、ジャスティンより

   ◆   ◆   ◆

2010年にはツアーを離脱していたハワード・ジョーンズだが、その際にはオール・ザット・リメインズ (元シャドウズ・フォール)のヴォーカリスト、フィリップ・ラボンテ、そしてオリジナル・メンバーのジェシー・リーチ(タイムズ・オブ・グレイス)が参加しツアーを続けていた。

脱退の理由は明かされぬままだが、それぞれにまた新たに素晴らしい作品を生み出してくれれば、我々オーディエンスにとっては楽しみが2倍になるというもの。前向きに捉え、これからの活動に期待したい。

◆キルスイッチ・エンゲージ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報