アイドルとメタルの融合BABYMETALが、「メタル女子会」イベントに参戦

twitterツイート
「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成され、アイドルの枠を超えて海外でも話題となっている平均年齢13歳のメタルダンスユニット、BABYMETAL(SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETAL)が1月9日、shibuya O-WESTで行なわれたイベント<WOMEN'S POWER 20th Anniversary>に出演。女性ハードロックバンドの先駆者的存在・SHOW-YA、アゲ嬢メタルバンド・Aldiousなどと競演を果たした。

◆BABYMETAL、「メタル女子会」イベントに参戦~拡大画像~

BABYMETALは2011年10月、「タワーレコード新宿店13th Brithday NO MUSIC,NO IDOL?」in 新宿LOFTに出演。初の単独出演だったにも関わらず、モッシュ&ダイブが連発される激しい盛り上がりを見せ、Twitter上でも大きな話題を集めた。同時公開された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のミュージッククリップにも50万近くのアクセスが殺到。その存在は日本だけではなく、北米・ヨーロッパを中心に海外にも飛び火している。ハードなサウンドとキュートなパフォーマンスを融合させたBABYMETALの魅力は、<WOMEN'S POWER>でもダイレクトに発揮された。

オープニングは「ド・キ・ド・キ☆モーニング」。2011年10月22日、DVD付きタオルとして一部限定流通リリースされ、Amazon予約チャート2&3位を獲得したこの曲は、ダウンチューニングされたギター・リフ、ツーバスのドラムなどが特徴的なメタリックなバックサウンドと「知らないフリはキライ!キライ!/知らないセカイ見たい!見たい!」という前向きなリリックが融合したナンバー。赤いペンライトを振りながら応援するファンだけではなく、彼女たちのステージを初めて体験するオーディエンスもしっかり惹きつけていく。ヘヴィーな部分とキャッチーなパートのメリハリがきいた構成、間奏でメンバーが失神する振り付けもカッコいい。

「こんなにステキなステージに立たせてもらって、本当にうれしいです。私たちの新曲ができました」(SU-METAL)というMCに続いて、新曲「いいね!」を初披露。ピコリーモ(エレクトロニカ+スクリーモ)系のエッジーなサウンドが大音量で響き渡り、観客の興奮もさらにアップ。「いいね!」を連呼するキャッチーなサビはもちろん、曲の中間部分ではHIPHOP調のトラックからのブレイクダウン、さらにはデスメタルアプローチのサウンド&スクリーモへと流れる展開もあり、フロアはまさにカオス状態へ。へヴィーロック~HIPHOP~ポップスと曲調の変化に合わせて表情を変える、ダイナミックかつシャープなパフォーマンスからもBABYMETALの新たな進化がはっきりと伝わってきた。

ラストはライブだけで披露されているイジメ撲滅ソング「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。メロディック・スピード・メタル系のトラックのなかで、シリアスなメッセージ性を含んだ歌詞、「ダメ!ダメ!ダメ!ダメ!」とシャウトしながら繰り広げられる“ダメ!ダメ!ジャンプ”が炸裂、会場のテンションも最高潮に。14歳ながらも熱く歌い上げるSU-METALのボーカル、YUIMETAL、MOAMETALがギターソロのサウンドにシンクロさせて繰り出す格闘アクション系のダンスも強烈だ。

わずか3曲のステージながら、鮮烈なインパクトを残したBABYMETAL。新曲「いいね!」は「BABYMETAL×キバオブアキバ」名義のスプリット・シングル(3月7日リリース)に収録される予定。「アイドルとメタルの融合」をテーマの軸にしながら、ロック/アイドルといったジャンルを超越するBABYMETALの存在は、国境を超え、さらに大きく広がっていくことになりそうだ。

<WOMEN’S POWER 20th Anniversary>
2012年1月9日(月・祝) shibuya O-WEST
出演:(出演順)DESTROSE/Aldious /BABYMETAL/Be-B(サブステージ)/SHOW-YA

「BABYMETAL×キバオブアキバ」
2012年3月7日(水)発売
JOBR-1001 \1,000(tax in)
収録:BABYMETAL「いいね!」(新曲)、キバオブアキバ「Party @The BBS」(新曲)を含む全4曲

◆BABYMETAL オフィシャルサイト
◆キバオブアキバ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報