ザ・クークス、ライブバンドとしての貫禄

ツイート
約3年ぶりとなったザ・クークスの単独ジャパンツアーの初日公演が、1月12日東京赤坂BLITZにて行われた。

19時にメンバーがステージに現れると、久しぶりの来日公演に興奮したオーディエンスから大歓声が挙がる。1曲目に演奏されたのは最新アルバム『ジャンク・オブ・ザ・ハート』からのセカンドシングルの「Is It Me」。いきなりのロックナンバーに会場は大興奮だ。久しぶりに現れたクークスのメンバーは以前に比べてよりロック・バンドとしての勢いが大きく成長しており、今やUK若手バンドの粋はとうに出た伝統のUKロックを背負って立つようなパフォーマンスを見せつけた。2曲目の「オールウェイズ」ではルークがギターを置きハンドマイクでステージ上を動きまわり、より一層エンターテイメントバンドとしての成長をうかがわせた。

曲間のMCは最小限に、どんどん繰り出される楽曲の数々に会場はさらに熱を帯びる。途中「シーサイド」ではルークはアコギ一本で弾き語り、会場は大合唱。「今日は来てくれてありがとう、戻ってこれて嬉しいよ」と短くMCをしたあと、「Ooh La」を歌い人気曲の「ドゥ・ユー・ワナ」ではオーディエンス全員がジャンプして本編を締めくくった。

アンコールはファンであれば誰もが楽しめる曲を披露してライヴは終了。過去のステージやCDよりもソリッドな演奏で、よりライブバンドとしての貫禄を見せつけた彼らは、日本の後に全米をフォスター・ザ・ピープルとともにツアーを回る。

なお、ザ・クークス日本公式サイトでは、オーディエンスからの熱いライヴ・レポートの募集が行なわれている。

<THE KOOKS JAPAN TOUR 2012>
1月12日(木)@東京赤坂BLITZ
1月13日(金)@横浜BAYHALL
1月15日(日)@大阪SUNHALL

『ジャンク・オブ・ザ・ハート』
Special Price 2,300円(tax in.) TOCP-71110

『ジャンク・オブ・ザ・ハート(スペシャル・エディション)』
CD+DVD Special Price 3,500円(tax in.) TOCP-71109

◆ザ・クークス・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス