セレブ絶賛のスーパー・アジアンユニットAZIATIXが日本デビュー

ツイート

本国・アメリカで、アジア系グループとしては、あのFAR EAST MOVEMENT以来のiTunes Top10入りを快挙を達成した次世代スーパー・アジアンユニットAZIATIX(アジアティクス)が、アルバム『Nocturnal』で日本デビューする。1週間先行で配信したiTunesではR&B/ソウルアルバムチャートを制覇し、JYJのジェジュンやmiss Aのミンをも夢中にしているというのだから、彼らがタダモノではないことはわかるはずだ。

◆AZIATIXの画像、「Nothing Compares To You」ほかセレブをも魅了した彼らの作品(ミュージックビデオ)

少女時代、BIGBANG、2NE1らが大賞を受賞した、韓国のケーブルテレビ・Mnet主催の音楽授賞式<Mnet Asian Music Awards 2011>で、「Best New Asian Group」を受賞したAZIATIXは、ボストンを拠点とする実力派シンガーソングライターのEDDIE SHIN、ニューヨークで活動するラッパー・FLOWSIK、そして台湾で大人気のヴォーカリスト・NICKY LEEからなるスーパー・ユニット。90年代に活躍したR&Bグループ・SOLID出身のJAE CHONGが、世界市場をターゲットにプロデュースする。

アメリカで活動するふたりと台湾で人気のヴォーカリストということで、これがK-POPというカテゴリーに属するアーティストなのかどうかは難しいところ。しかし、美しいメロディーと、ハイクオリティなトラック、珠玉のヴォーカル・ハーモニーといった、彼らが織りなす高いポテンシャルを秘めた楽曲の数々は、世界のメディアやセレブリティが絶賛しているのは確か。中でも、JYJのジェジュンは、自身のブログで「夢中になる音楽とは、こういうもの。」と彼らを紹介。また、miss Aのミンは「AZIATIX最高! 中毒になりそう! 気付くと彼らの歌ばかり歌ってる! GO!GO!」とのコメントを発表して話題となった。

日本盤のみ収録の新曲「Nothing Compares To You」は、プロデューサーにJEFF MIYAHARAを起用した、すべてのファンに捧げた心温まる極上メロディック・チューン。また、台湾、韓国、日本、アメリカでのファンとの交流やライヴ会場といった、彼らの日常の活動風景をドキュメンタリー・タッチで描いたミュージックビデオは、世界基準で活躍する彼らの姿がまばゆいばかりに輝く作品となっている。

さらにアルバムには、東方神起カヴァー「Make It To The End ~どうして君を好きになってしまったんだろう?~」などでも話題となったスティーヴィー・ホアンとのコラボ、AZIATIX×STEVIE HOANG「So Incredible」や、日本盤にしか収録されていない作品も用意。さらに来日も決定しており、イベント出演も多数予定されている。

【来日イベント情報】
1月18日(水) 19:00 タワーレコード渋谷店 内容:サイン会
1月18日(水) 22:00 J-WAVE「Hello World」生出演
1月20日(金) 22:00~Midnight Studio FLOWeR 内容:ライヴ
1月21日(土) 20:00 タワーレコード新宿店 内容:ミニライヴ&サイン会
1月22日(日) 15:00 タワーレコード難波店 内容:ミニライヴ&サイン会


◆マンハッタンレコーディングス
この記事をツイート

この記事の関連情報