MiChi、映画『ガール』挿入歌にカヴァーソング「Revolution」が決定

twitterツイート
MiChiが2月1日(水)にリリースする待望のニューシングル「TOKYO NIGHT」に収録されるカヴァーソング「Revolution」が、5/26公開の映画『ガール』の挿入歌に決定した。

「Revolution」は、オーストラリア出身の姉妹グループ“ザ・ベロニカズ”の人気楽曲であり、この曲を愛するMiChiからのリクエストによって、今回のカヴァーが実現したもの。その他、劇中では、ブルーノ・マーズの代表曲「Just The Way You Are」のカヴァーも挿入歌として使用されており、こちらは前作「Find Your Way」(発売中)に収録されている。

2006年に発売された奥田英朗の小説『ガール』は、女子のバイブルとして支持され続け、発行部数約30万部を超える人気作。その映画化でメガホンを取るのは、『60歳のラブレター』(09)、『白夜行』(11)、『神様のカルテ』(11)など今邦画界で最も注目される若き俊英・深川栄洋監督で、主人公、大手広告代理店勤務・29歳・独身・滝川由紀子役に香里奈。大手不動産会社勤務・34歳・夫あり・子供なし・武田聖子役に麻生久美子。老舗文具メーカー勤務・34歳・独身・小坂容子役に吉瀬美智子。自動車メーカー勤務・36歳・シングルマザー・平井孝子役に板谷由夏と、TV・CM・映画・雑誌と幅広く活躍し、多くの女性達から支持を集める超豪華4女優が競演を果たす。

さらに、由紀子の彼氏・森本蒼太役に向井理、聖子の夫・武田博樹役に上地雄輔、聖子の年上の部下・今井哲夫役に要潤、容子の会社の新入社員・和田慎太郎役に林遣都、由紀子の会社の先輩“イタい若作り女”光山晴美役に檀れい、由紀子と対立する取引先の女性社員・安西博子役に加藤ローサ、聖子の部下・北村裕子役に波瑠と、超豪華キャストがスクリーンを華やかに彩る。

New Single 「TOKYO NIGHT」
2012.2.1 Release
着うた:1/25 着うたフル:2/1 配信
AICL-2344/\1,200(tax in)
1.TOKYO NIGHT
2.December
3.Revolution
4.TOKYO NIGHT (Instrumental)

◆MiChi オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon