新進気鋭のMC/シンガー、ユニヴァーサルと契約

ツイート

ハーレム出身のシンガーでMCのアジーリア・バンクス(20歳)が、1/18(水)にTwitterを通じて大手レコード会社との契約にこぎつけたニュースを公表し、「今日、ついにやったわ。最高のレーベルが私と契約を交わしてくれたの!ユニヴァーサル・ミュージックが、正式に私とサインしてくれた」と喜びのコメントをした。

「212」のヒットで知られるバンクスは、これまでXLレコーディングスとレーベル契約を交わしていたが、その後に軋轢が生じてパートナーシップを解消した。

「XLと契約した直後から、おかしな感じだったのよ。メールを送っても何のコメントも返答もないし、電話をしても誰も取らない。まったくの無視よ。彼らはそうやって私を飼い殺しにしたの」。

バンクスはユニヴァーサルとの契約をアナウンスした際、デビュー・アルバムのリリース日についても触れ、「アルバム?たぶん5月か6月頃かな」とツイート。しかし待望のアルバム発売の前に、2/7からはイギリス・ツアーをスタートさせ、4月に開催されるCOACHELLA MUSIC FESTIVALでのパフォーマンスを控えている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報