iTunesが選んだ2012年期待の新人・SALUが「THE GIRL ON A BOARD feat.鋼田テフロン」を配信

ツイート
iTunesが、2012年、最も活躍が期待できる新人アーティスト10組を発表する特別企画「Japan Sound of 2012」を発表。噂の“ニュータイプ”SALUが選出された。

◆SALUのアーティスト画像、「THE GIRL ON A BOARD feat.鋼田テフロン」ミュージックビデオ

過去にサカナクション、相対性理論、阿部真央、大橋トリオ、さかいゆう、andymori、小林太郎、舞花、世界の終わり、TEE、back number、andropなどを選出している「Japan Sound of 2012」。2012年はSALUのほか、デビューミニアルバムがオリコン1位を飾った2NE1や、ビクターエンタテインメント2012年期待の女性アーティスト・家入レオなど、以下のような新人が選ばれた。

【iTunes「Japan Sound of 2012」選出アーティスト】
赤い公園
Applicat Spectra
家入レオ
OverTheDogs
小南泰葉
SALU
2NE1
Hello Sleepwalkers
平井大
安田奈央

そしてシーンも最注目しているSALUが、2曲目のデジタルシングル「THE GIRL ON A BOARD feat.鋼田テフロン」を1月25日にiTunesで配信する。

この曲は、自身と業界の状況を“看板に描かれている女の子”になぞらえながらシュールに描写。“昼寝”をキーワードにしながら日本や世界情勢を見渡すような壮大なテーマをラップで展開した前作「TAKING A NAP」同様、独自の着眼点と世界感が凝縮したリリックをBACHLOGICによる煌びやかなトラックに乗せて、軽やかに、そして切れ味抜群なフロウで表現している。

また、近年のBACHLOGICプロデュース楽曲にて、ハイクオリティーなキラーフックを披露している謎のシンガーソングライター・鋼田テフロンがサビを歌っているのも聴きどころのひとつとなっている。


◆Manhattan Recordings
◆SALU オフィシャルサイト
◆SALU オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報