井手綾香、宮崎復興ソング「輝く海」を1400人を前に初披露

ツイート
高校生シンガーソングライター・井手綾香が、<ファイト!みやざきコンサート>に出演し、1400人の観客を前に宮崎復興ソング「輝く海」を初披露した。

◆井手綾香の最新アーティスト画像、「きっと、ずっと」ミュージックビデオ

井手綾香は宮崎県の最南端、串間市都井出身。100頭もの野生馬が生息する自然豊かな町で育ち、在校生徒18名の小さな中学校を卒業後、現在は宮崎市内の高校に通う高校3年生。2012年3月に高校を卒業した後は、愛する地元・宮崎で音楽制作活動を続けることが決まっている。

宮崎県は、2010年には口蹄疫の被害が広がり、翌2011年1月には新燃岳が噴火。多くの農家、畜産農家が甚大な被害をうけた。度重なる災害からの復興を目指す宮崎を応援しつづけてきたNHK宮崎放送局は、1月20日、復興へ向けたエールを贈るコンサート<ファイト!みやざきコンサート>を開催。宮崎出身の井手綾香、秦基博、米良美一、そして大分出身の南こうせつが集まり、歌を通じて命の大切さとふるさとへの思い、未来への希望を伝えた。

なかでも、井手綾香は、NHK宮崎の番組の一環で、しいたけ農家、畜産農家など被害を受けたところを訪ね、実際に話を聞きながら宮崎復興ソング「輝く海」を半年かけて制作。今回、NHK全国学校音楽コンクールで2011年に金賞を受賞した宮崎学園高校合唱部のメンバーをバックコーラスに、1400人の観客の前で初披露した。この模様は2月10日にNHK宮崎で、2月19日に全国(NHK総合)で放送予定となっている。

なお、井手綾香の1stシングル「きっと、ずっと」は1月25日にリリースされたばかり。「きっと、ずっと」は、池脇千鶴、高岡早紀出演のNHKドラマ10『タイトロープの女』主題歌としてリリース日前日の24日よりオンエアがスタート。ドラマ主題歌を書き下ろしたのはもちろん初めてという井手綾香だが、ドラマのストーリーから感じたこと、そして、自分自身が今伝えたいとことの2つをもとに“愛”テーマに描かれた楽曲は、聴く人をやさしく包み込み、そして力づけてくれるような広がりのあるバラードとなっている。

◆井手綾香 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報