スティクス、プログレ名作2アルバムを完全再現

twitterツイート
スティクスのプログレ名作2アルバムを完全再現した、最新ライヴ映像作品『ザ・グランド・イリュージョン/ピーシズ・オブ・エイト:ライヴ・イン・コンサート』が1月25日に発売となった。

◆『ザ・グランド・イリュージョン/ピーシズ・オブ・エイト:ライヴ・イン・コンサート』映像

アメリカン・プログレッシヴ・ロック・バンドの雄として、現在も精力的に活動を続けるスティクスは、近年はA&M在籍時の名曲をリレコーディングしたEP『リジェネレイション:ヴォリューム1』(2010年)、オーケストラと共演したライヴを収録した『ワン・ウィズ・エヴリシング』(2006年)をリリースするなど、新作オリジナルアルバムこそリリースされていないものの、過去の名曲をさまざまなスタイルでリメイクし、彼らのレガシーにまた新たな息吹きを与えている。


本作は2010年11月9日、テネシー州メンフィスのオーフィウム・シアターにてシューティングされた全米ツアー19本目のライブの様子を捉えたものだ。1977年にリリースされた『グランド・イリュージョン~大いなる幻影』、そして翌1978年にリリースされた『ピーシズ・オブ・エイト~古代への追想』の2作のアルバムを曲順どおりに演奏するスタイルのステージである。

むしろこの2作のあとにリリースされた『コーナーストーン』(1979年)や『パラダイス・シアター』(1981年)といった作品のほうが商業的には成功しているが、プログレッシヴな創造性がより色濃く滲み出ている70年代後半の2作をあえて選んだところに、現在の彼らのプログレッシヴ・ロック・バンドとしての矜持を感じさせる。

円熟したパフォーマンスと新たな解釈で甦った名作の世界観が堪能できる80分は、まさに必見といったところ。当時のスティックス・サウンドに没頭した人やトミー・ショウの甘いマスクにしびれた淑女の方々であれば、YouTubeの試聴映像だけでも食い入るように引き込まれることだろう。なお初回限定盤はDVDやブルーレイに2枚組CDがセットになったダブルパックで発売される。

スティクスの現ラインナップは以下の6人。
・トミー・ショウ(ヴォーカル、ギター、キーボード)
・ジェイムズ・ヤング(ヴォーカル、ギター、キーボード)
・トッド・ズッカーマン(ヴォーカル、ドラムス)
・ローレンス・ガーワン(キーボード)
・リッキー・フィリップス(ベース、ギター)
・チャック・パノッツォ(ベース)

『ザ・グランド・イリュージョン/ピーシズ・オブ・エイト:ライヴ・イン・コンサート』
[DVD/BD]
初回限定盤DVD+2CD 6980円(税込)VQBD-10066
通常盤DVD 3980円(税込)VQBD-10067
初回限定盤BD+2CD 7980円(税込)VQXD-10022
通常盤BD 4980円(税込)VQXD-10023
通常盤2CD 3200円(税込)VQCD-10300/1
トールケース仕様 / 本編・ボーナス映像とも日本語字幕付 / 日本語解説付
収録時間:本編 約101分 / ボーナス映像:約30分
1.イントロ / 1978
2.ザ・グランド・ イリュージョン
3.フーリング・ユアセルフ (ジ・アングリー・ヤング・マン)
4.スーパースターズ
5.カム・セイル・アウェイ
6.ミス・アメリカ
7.マン・イン・ザ・ウィルダネス
8.キャッスル・ウォールズ
9.ザ・グランド・ファイナル
ピーシズ・オブ・エイト
10.グレート・ホワイト・ホープ
11.アイム・オーケイ
12.シング・フォー・ザ・デイ
13.ザ・メッセージ
14.ローズ・オブ・ザ・リング
15.ブルー・カラー・マン (ロング・ナイツ)
16.クイーン・オブ・スペード
17.レネゲイド
18.ピーシズ・オブ・エイト
19.アク・アク
[ボーナス映像]
※ツアーの舞台裏を捉えたインタービュー集を収録
[CD 1]
ザ・グランド・イリュージョン
1.ザ・グランド・ イリュージョン
2.フーリング・ユアセルフ (ジ・アングリー・ヤング・マン)
3.スーパースターズ
4.カム・セイル・アウェイ
5.ミス・アメリカ
6.マン・イン・ザ・ウィルダネス
7.キャッスル・ウォールズ
8.ザ・グランド・ファイナル
[CD 2]
ピーシズ・オブ・エイト
1.グレート・ホワイト・ホープ
2.アイム・オーケイ
3.シング・フォー・ザ・デイ
4.ザ・メッセージ
5.ローズ・オブ・ザ・リング
6.ブルー・カラー・マン (ロング・ナイツ)
7.クイーン・オブ・スペード
8.レネゲイド
9.ピーシズ・オブ・エイト
10.アク・アク

◆ワードレコーズ・ダイレクト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス