スマイレージ・福田花音、「もう、自分がガチ過ぎて怖い。」

twitterツイート
前回お伝えしたスマイレージ「チョトマテクダサイ!」(2月1日リリース)のミュージックビデオ撮影レポート。楽曲インタビューとして掲載しなかった“雑談トーク”にもまた、スマイレージの魅力がたくさん溢れている。

◆スマイレージ画像@「チョトマテクダサイ!」ミュージックビデオ撮影(その2)

そこで、今回はそんな雑談部分を少し紹介してみよう。

  ◆  ◆  ◆

── 最近、面白いことありました?

田村芽実:
あ、竹内朱莉ちゃん。タケちゃんが最近面白いです、すごく。

竹内朱莉:
何もしてません! え、なんかした?

田村芽実:
ホントに面白いです! かななん(中西香菜)とかが、「タケちゃん◯◯やなー」って冗談ぽく言うと、「うっさくぁwsでrfgtyふじこlp;」(ひとり爆笑)

竹内朱莉:
(笑)違うんです。私のポリシーに反することを言ったんです。あの、かななんとかよく「タケちゃん可愛い」とか言ってくれるんですけど、私はそう言われたり、あと、くっつかれたりするのが、結構、苦手なタイプで。

中西香菜:
可愛いもーん。

竹内朱莉:
それを止めてって言ってるのに、止めてくれないんですよ。で、その時は、ホントしつこ過ぎて「ゔぉーーー!」って。

田村芽実:
ホントに面白いですよ、それが! 「タケちゃん◯◯……」「うっせ!! ゔぉーー!」みたいな(笑)。いつもすっごい面白いです、とにかく。それで、タケちゃん笑って、周りも笑って、みたいな。

── いい雰囲気なんですね。

福田花音:
新メンバーってホントに元気だなって思うんですよ。新メンバーのそういう面白いところを見てると、「あー、若いっていいなー」って。

新メンバー4人:
福田さんのほうが面白いですよ!

勝田里奈:
福田さんに、毎日のように笑わされているんですよ。ダンスレッスンとか、メンバーに会うのが楽しみで行ってるところもあるんです、私。毎日、絶対会うと、絶対大爆笑になるから。福田さんのモノマネ見たりするの、ホントに好きなんですよ。

福田花音:
ダンスレッスンは、踊ったりするのすごい楽しいんですよ。でもなんか、つらいことが一個あって。自分がアイドルに混ざったファン、みたいな感じに見えるんですよね……。

(全員 爆笑)

福田花音:
すごい鏡を見るのが恥ずかしいんですよ。“わりとスマイレージの踊りをマスターしているファン”みたいな感じにしか自分が見えなくて。しかも、メンバーとか先輩とかが可愛すぎて……つらい。

── いやいや。あなた、スマイレージです。しかも最初から(笑)

福田花音:
そうなんですよね! 私、スマイレージ好きなんですよ。元気だったり、曲が可愛かったり、みんな個性溢れてるところとかすごい好きなんですよ。でも自分がそのグループに入っているっていうのが、いまだに実感ないです。

── (笑)スマイレージになって、もう2年ですけど、まだ実感ないですか?

福田花音:
ないんですよ。「え、いていいの?」みたいな。そんな感じなので、先輩のライヴとか、パワースポットに行く気分です。自分の原点に戻れます。ファンとして。だから、スマイレージのライヴに行くのが、ひとつの夢なんですよね。「自分がもうひとりいれば行けるのになー」ってずっと思ってます。でも、今はスマイレージさんと一緒に振り付けとか覚えられて、嬉しいです。

── 普通にファンの発言じゃないですか(笑)

福田花音:
もう、自分がガチ過ぎて怖い。

── でも、それだけ自分の所属しているグループを好きで、愛することができるのはいいことですね。で、そんな“ガチファンの人”もメンバーにいたりして、今、みんなレッスンも、スマイレージの活動も楽しい、と。

スマイレージ:
はい(笑)

  ◆  ◆  ◆

彼女たちのトークは、イベント会場やライヴ会場で聞くことができる。もし、どこかに行った時にスマイレージがイベントを行なっていたら、たとえ彼女たちの曲をあまり知らないとしても、こんな面白ぶっちゃけトークを聞けるかもしれないので、足を止めてみることをおすすめしたい。


【「チョトマテクダサイ! 」発売記念 ミニライブ&握手会(2/4-5青梅市民会館)】
日時:
2月4日 (1)14:00~ (2)16:30~ (3)19:00~
2月5日 (1)14:00~ (2)16:30~ (3)19:00~
場所:青梅市民会館
住所:東京都青梅市上町374
アクセス:JR青梅線青梅駅下車 徒歩5分

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆スマイレージ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon
amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス