マドンナ、レディー・ガガとレーベルメイトに

twitterツイート
マドンナの最新シングル「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴィン feat. ニッキー・ミナージュ&M.I.A.」が2月3日に解禁されることが発表、また約4年振りとなる12作目のニュー・アルバム『MDNA』が3月26日(月)世界同時発売となることが明らかとなった。ワーナーミュージックからユニバーサルミュージックへの移籍第一弾作品となるものだ。

◆マドンナ画像

最新シングル「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴィン」は作詞はマドンナ、マーティン・ソルヴェグ、ニッキー・ミナージュ、M.I.A.によって手がけられ、作曲はマーティン・ソルヴェグとマイケル・トージマン、そしてプロデュースはマドンナとマーティン・ソルヴェグという布陣によるものだ。プロモーション・ビデオはメガフォースが監督を担い、アメフトとチアリーダーがテーマとなった内容になるのだとか。アメリカ現地時間2月5日にはスーパーボウルでのハーフタイムショーを控えるマドンナだけに、注目の映像となりそうだ。

ニューアルバム『MDNA』は、NYとLAにてレコーディングされ、過去に『レイ・オブ・ライト』を手掛けたウイリアム・オービットも今作の何曲かに携わっているとのこと。また、その他のプロデューサーとして名を連ねるのは、マーティン・ソルヴェグ、ザ・デモリション・クルー、マルコ“ベニー”ベナッシ、アレッサンドロ“アレ”ベナッシ、ハーディ“インディーゴ”ムアンザ、マイケル・マリ、そしてマドンナという面々だ。マドンナ監督作『W.E.(原題)』の、第69回ゴールデン・グローブ賞にて主題歌賞を受賞した「マスターピース」も収録される予定となっているが、1月31日に映画のサウンド・トラックもデジタル配信がスタートされ、CDでは輸入盤にて2月13日発売される予定となっており、こちらへの収録も期待されるところ。

日本を含む全世界のiTunes Storeでは、『MDNA』のデラックス・エディションの先行予約注文が2月3日からスタートとなる。2月3日~2月6日の間に予約注文すると、特別価格で安いのみならずボーナス・トラックとしてリミックス・ヴァージョンが追加収録され、先行シングル「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴィン feat. ニッキー・ミナージュ&M.I.A.」がその場でダウンロードできる特典付きだ。先行シングルも、2月3日~2月6日の間はiTunes Store限定先行配信となっている。この期間を過ぎると、『MDNA』のデラックス・エディションの予約注文はボーナス・トラックもなくなり通常価格に戻るので、お見逃しなく。

なお、映画『W.E.(原題)』は日本では今秋に全国ロードショー予定となっている。

マドンナ ニュー・アルバム『MDNA』
2012年3月26日、世界同時発売予定

◆マドンナ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報