デイヴ・グロール、豪華出演者のドキュメンタリー予告編を公開

ツイート
フー・ファイターズのデイヴ・グロール制作のドキュメンタリー『Sound City』の予告編が公開された。

◆『Sound City』の予告編映像

この映画に関しては、先日、スリップノット/ストーン・サワーのコリィ・テイラーが「デイヴは(LAにある有名なスタジオ)Sound Cityで誰もが使った伝説的なサウンド・ボードについてのドキュメンタリーを作っている」「彼はそのボードでまた音楽を作ろうと、ゆっくりとだけど確実にそういう人たちを集めている」と、映画のためにグロールとセッションを行なったことを明らかにしていた。

彼のほか、ラットやチープ・トリックのメンバーも関わっているらしいとの噂が流れていたが、予告編を見ると、トレント・レズナー、トム・ぺティ、スティーヴィー・ニックス、リック・スプリングフィールド、クリス・ノヴォセリック、ブッチ・ヴィグ、ラーズ・ウルリッヒ、ジョシュ・オム…と、出演者は想像以上に豪華。グロールは人集めに成功したらしい。

オフィシャル・サイト(Soundcitymovie.com)にはまだ「A FILM BY DAVE GROHL COMING SOON」とあるだけだが、予告編ができたということは、公開も間近だろう。期待!


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報