Administrator、解散を発表「本当にごめんね。」

twitterツイート
2月16日(木)、4人組ヴィジュアル系バンド、Administrator(アドミニストレーター)が、2012年5月4日高田馬場AREAでのワンマン・ライヴをもって解散することをオフィシャル・サイトで発表した。

ヴォーカルの芥は「自分たちで決めた事なのに実感が沸かない僕がいます。これでたくさんの約束を叶える事ができなくなってしまった・・。本当にごめんね。」と、ファンに謝罪するとともに心情を吐露。

ギターの公佑は、「メンバーとの考え方の違いが原因です。(中略)4人全員が同じ方向を向けないのなら、この先続けてはいけないと思いました。」と解散の理由を明かしている。

なお、オフィシャル・サイトにはメンバー全員のコメントが掲載されている。

Administratorの最後のワンマン・ライヴは、<trident in the Ace act ZERO>とタイトルし、5月4日(金)高田馬場AREAにて実施。彼らが見せる全力の、そして最後のAdministratorを見届けて欲しい。

Administratorは、2008年に結成。精力的はライヴ活動を続け、2011年5月6日に高田馬場AREAにて初のワンマン・ライヴを実施。同年10月には1stアルバム『CROSS』をリリースし、“1stにして代表作の予感”と、今後の活躍に期待が寄せられていた。

<Administrator Last Oneman Live「trident in the Ace act ZERO」>
2012年5月4日(金・祝)高田馬場AREA
OPEN 16:30 / START 17:30
料金:前売3,000円(D代別)/当日3,500円(D代別)
チケット:2月25日(土)発売
ローソンチケット http://l-tike.com (Lコード:未定)
(問)高田馬場AREA 03-3361-1069

◆オフィシャル・サイト
◆BARKS ヴィジュアル系チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報