今田耕司が“10人目の少女時代”に!? 新曲「Time Machine」PVティザーで男泣き

twitterツイート

出荷枚数がミリオンに達し、韓国人アーティストのアルバムとしては歴代1位の売り上げを記録している少女時代の日本オリジナル1stアルバム『GIRLS’ GENERATION』(2011年6月1日発売)。そうした快進撃を続ける少女時代の最新映像として、新曲「Time Machine」ミュージック・ビデオが制作されることになり、そのティザー映像に今田耕司が出演することが発表された。

「Time Machine」は、リパッケージ作品として昨年(2011年)12月28日にリリースされた「Re:packeage Album”GIRLS’ GENERATION”~The Boys~」に、新曲として収録されたバラード楽曲。2月25日からオンエアされる本人出演のUHA味覚糖「e-maのど飴」CFソングにも起用される。

今田耕司の起用理由は、今田が少女時代ファンだということを公言し、芸能界屈指の知識と熱意を誇ることから、少女時代のスタッフがオファーしたのだそうだ。

撮影が行なわれたのは、バレンタインデーの2月14日。オフの日にも関わらず、スケジュールを確保しやる気充分で撮影に挑んだ今田は「忘れられない過去を思い出して部屋で一人涙する」という男性があまり表には出さない弱さを熱演した。

今回の出演について、今田耕司は次のようにコメント。

「ここ何年かで1番嬉しい仕事でした。マネージャーの話が全部終わる前に、かぶせ気味で"やるっ"って言った位。撮影はすごく楽しかったです。気持ちも入りました。企画書に書いてあった「10人目の少女時代」を見たとき、ちょっとゴールテープを切った位の充実感ありましたね。「10人目の少女時代」っていう名刺を頂きたい位。芸能界に数いる少女時代ファンの中で、よくぞ僕に声をかけて頂きました。他の少女時代ファンの芸人さんたちとは、ちょっとステージが変わってしまった、って事は彼らに伝えていかないとあかんかな、とは思います(笑)」

なお、少女時代本人出演のミュージック・ビデオは3月上旬解禁予定。彼女たちにとって今までにないコンセプトのミュージック・ビデオとのことで、ティザーの雰囲気が反映されている作品になるようだ。今田耕司出演のティザーTV SPOTのオンエアは、2月25日からスタートする他、2月24日に開設された少女時代Facebookオフィシャルページで30秒バージョンも視聴できる。

『Re:package Album “GIRLS’ GENERATION” ~The Boys~』
2011年12月28日発売
【初回限定盤】
UPCH-29077 ¥4,390(税込)
【期間限定盤】
UPCH-29078 ¥4,390(税込)
【通常盤】
UPCH-20269 ¥3,000(税込)

[CD収録楽曲]★3タイプ共通
1. The Boys (JAPANESEver.) ※未発表バージョン
2. THE GREAT ESCAPE (Brian Lee remix) ※未発表リミックス
3. BAD GIRL feat. DEV (The Cataracsremix) ※未発表リミックス
4. Time Machine ※未発表新曲
5. MR.TAXI
6. GENIE
7. Gee
8. I’m In Love With The HERO
9. 훗(HOOT)
10. Let It Rain
11. Beautiful Stranger
12. you-aholic
13. Run Devil Run
14. BORN TO BE ALADY
15. Bonus track “MR.TAXI (Steve Aoki remix)” ※未発表リミックス

[DVD] ★初回限定盤・期間限定版のみ収録
1. The Boys (ENGLISH ver.)
2. BAD GIRL

◆少女時代Facebookオフィシャルページ
◆少女時代オフィシャルサイト
◆少女時代ユニバーサルミュージックオフィシャルサイト
◆BARKS アジアンアーティストチャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス