英アルバム・チャート、ブリット・アワーズ効果でアデルがまたもや1位に

ツイート
今週の英シングル・チャートは、先週3位だったゴティエの「Somebody That I Used To Know」が再浮上し、2度目の1位に輝いた。2位は先週と変わらず、エミリー・サンデーの「Next To Me」がキープ。先週トップだったDJ FRESHの「Hot Right Now」が3位に後退した。

今週はニッキー・ミナージュの「Starships」(7位)、Neon Hitchをフィーチャーしたジム・クラス・ヒーローの「Ass Back Home」(9位)が新たにトップ10入りしている。

アルバム・チャートはブリット・アワーズ効果で、アデルの『21』が先週の3位から再浮上、またしても1位に輝いた。『21』がNo.1を獲得するのは21回目、リリース以来この1年、ずっとトップ10内に留まり続けており、UKだけで400万枚のセールスを上げている。

代わって、先週トップだったエミリー・サンデーの『Our Version Of Events』は2位に後退。3位はこちらもブリット効果で、新人賞と最優秀男性ソロ・アーティストを受賞したエド・シーランの『+』が5位から再浮上した。

ブリット効果ではこのほか、最優秀グループに輝いたコールドプレイの『Mylo Xyloto』が11位から6位に、授賞式でパフォーマンスしたフローレンス&ザ・マシーンの『Ceremonials』が23位から9位に再浮上している。また、トップ10には届かなかったが、功労賞を受賞したブラーのベスト盤もセールスが急増、22位にチャート・インした。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス