アニメ『新テニスの王子様』主題歌が、Web上で「謎オペラ」と呼ばれているらしい

ツイート

“ポップオペラの貴公子”藤澤ノリマサの新曲「未来の僕らへ」が、TwitterなどのSNS上でちょっとした話題となっている。

◆ポップオペラの王子様・藤澤ノリマサの画像、「未来の僕らへ」ミュージックビデオ(期間限定公開)

というのも、TVアニメ『新テニスの王子様』オープニングテーマとなっているこの曲は、スピード感あるアッパーなポップチューンながら、サビの部分をベルカント(オペラの発声法)で歌っているのがインパクト大。しかし藤澤ファン以外には初めて耳にする歌唱法のため、特にテニプリファンを中心にサビでの豹変ぶりに驚くリスナーも多い。そして、そんな藤澤の楽曲を「謎オペラ」と称して、この曲の代名詞的な使い方をしているSNSのユーザが数多く見られるのだ。

2月22日にリリースされた同曲は、オリコンウィークリーランキング初登場27位。しかしここにきて、ファン以外のユーザーから新たな呼称まで付けられ、「藤澤ノリマサのポップオペラというスタイルは、楽曲の浸透とともに認知度が急上昇しているのではないか。」と関係者は語っている。

「未来の僕らへ」は、「夢を信じ、友を信じて進めば僕たちの未来は必ず輝く」といった、新しいことに挑戦するすべての人たちに向けたメッセージソング。聴く者すべての新たな一歩を力強く後押ししてくれるパワーソングとリスナー評価も高く、テニプリファンからも「この曲、聴けば聴くほど癖になる…」や「CDの発売はいつ?」といった発言がSNS上でなされたり、関係各所に届いていた。


(C)許斐剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
◆藤澤ノリマサ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報