ザ・ビートルズ、ジョンとポールの育った家が文化財に

ツイート
リバプールにあるジョン・レノンとポール・マッカートニーの育った家が、文化財(Grade II Listed)に指定された。

“Mendips”として知られるジョン・レノンの家はMenlove Avenueに、ポール・マッカートニーの家はForthin Roadにあり、どちらも歴史的建築物を保護する団体ナショナル・トラストにより2人が住んでたときと同じように修復され一般公開されきたが、文化財に指定されたことで、この先、官庁の許可なく改築されたり取り壊されたりできなくなった。

ジョン・レノンは5歳から22歳までの間、ミミ叔母さんとMendipsで暮らし、ポール・マッカートニーはForthlin Roadに13~22歳まで住んでいた。ジョン少年とポール少年がギターを手にし、たくさんの曲を作ったビートルズ誕生の地が“英国の重要かつ特別な関心を持つ場所”と認定された。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報