4月25日に『My Colorful Confuse』でメジャーデビューする家の裏でマンボウが死んでるPが、自身のニコニコ生放送チャネルで次回のニコ生の詳細を発表した。ほぼ日Pと白黒はっきりと決着をつけるらしい。ただしオセロで。


家の裏でマンボウが死んでるPの次回ニコ生は、『オセロブーム到来!? 白黒つけます! 家の裏でマンボウが死んでるP vs ほぼ日P』と題し、ほぼ日Pを迎えて3月7日の21時から放送される。家の裏でマンボウが死んでるPとほぼ日P。そろってメジャーデビューの日が4月25日なのは、わざとなのか? あえてなのか? たまたまか? そして「代々木公園でサメが死んでいる」事件の噂の真相は?

両者にまつわる様々なことに白黒決着をつけるべく、今、いろんな意味で旬なオセロで激突する。

また、家の裏でマンボウが死んでるPのデビューアルバムの数量限定初回盤特典「ビックリ!マンボウグッズ」の全貌が明らかになった。竜宮ツカサ(マンボウの姉)がイラストを描き、タカハシ ヨウ(マンボウP)が文章を書くプレミアムなアイテムが2つ封入される。

1つは、代表曲「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」をイラストノベル化。歌詞では語り尽くせなかった背景も描かれた初の小説作品となる。そしてもう1つは、各楽曲に登場する様々なキャラクターをシールにしたコレクターズアイテム「ビックリ! マンボウシール」。デザインを竜宮ツカサが新たに書き下ろし、裏面にはタカハシ ヨウがキャラクター解説を書く。全部で10種類あり、2種類がランダムで封入される。10種の中には希少なホログラムシールも存在するなど、それなんて魔肖ネ……、ヘッドロコ……とにかくビックリだ。

◆『オセロブーム到来!?白黒つけます!家の裏でマンボウが死んでるP vs ほぼ日P』(ニコニコ生放送)