Raphael、活動休止から11年…活動再開か?サイトでカウントダウンがスタート

ツイート

2001年1月に活動を休止したビジュアル系ロックバンドRaphaelに活動の予兆があることが分かった。これは2月中旬にバンド名を使用した謎のサイトraphael.jpが立ち上がったことが要因。サイトでは時計のねじまき音とともに、カウントダウンが行われている。沈黙から11年。4月7日午前0時に「0」になる同サイトで、何が発表されるか注目される。

Raphaelは1997年、ボーカルのYUKI、ギターの華月、ベースのYUKITO、ドラムのHIROが15歳のときに結成。叙情的な楽曲が人気で瞬く間に動員を拡大し、1999年7月にシングル「花咲く命ある限り」でデビューした。渋谷公会堂、日本武道館などでライブを開くなどし将来を期待されたが、2000年10月にリーダーである華月が夭折。ラストツアー<Raphael Tour 2000-2001 新世紀を駆けぬけろ!>の最終公演地である渋谷公会堂のステージを最後に活動を休止していた。

活動休止後、YUKIとHIROはロックバンドriceを結成。カウントダウンが「0」になる前日の4月6日には結成11周年を記念したライブを東京・原宿アストロホールで開く予定で、本人の発言にも期待が集まる。

取材・文/西村綾乃

◆raphael.jpサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報