ウィルソン・フィリップス、伝承するビーチ・ボーイズとママス&パパス

ツイート
4月25日に、ウィルソン・フィリップスがアルバム『デディケイテッド ~トリビュート・トゥ・ビーチ・ボーイズ and ママス&パパス~』をリリースする。そのタイトル通り、ビーチ・ボーイズとママス&パパスが放った大ヒット曲の数々をカヴァーするという作品だ。

◆ウィルソン・フィリップス画像

ウィルソン・フィリップスは、ブライアン・ウィルソンの愛娘カーニー&ウェンディ・ウィルソン姉妹と、ママス&パパスのジョン&ミッシェル夫妻の愛娘チャイナ・フィリップスの3人で結成されたポップス/コーラス・グループだ。1990年のデビュー・アルバム『ウィルソン・フィリップス』は「ホールド・オン」「リリース・ミー」「ユー・アー・イン・ラヴ」と全米NO.1シングルを連発し、全世界で1,000万枚以上のセールスを記録した。メンバーの結婚や出産で活動を休止していたものの、2004年に『カリフォルニア』のリリースでカムバックし、今回は偶然か必然かビーチ・ボーイズ再結成と時期を合わせての当作の登場となった。

ビーチ・ボーイズとママス&パパスのDNAが紡ぐ、カリフォルニアの青空を感じさせてくれるような爽やかで清涼感のあるメロディーとハーモニーは、しばしの喧騒を忘れさせてくれるオアシスであり、忘れられたアメリカの良心とも評され、老若男女を問わず幅広い支持を得ている。2世グループなどという肩書きは必要ないウィルソン・フィリップスだけに、才能の継承を見せつけられる思いだ。
両親にインスピレーションを受け、自らのルーツへの深い感謝と誇りのこもった『デディケイテッド~トリビュート・トゥ・ビーチ・ボーイズandママス&パパス』は、3人の音楽ルーツへの真摯なオマージュ作品だ。

なお、彼女達が出演して「ホールド・オン」をパフォーマンスし、大きな話題を呼んだ全米大ヒット映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』は4月28日に日本公開が決定し、これを受け、最新アルバムの日本盤ボーナス・トラックとして「ホールド・オン」(Live)ほか、4曲の収録も決定となった。

『デディケイテッド ~トリビュート・トゥ・ビーチ・ボーイズ and ママス&パパス~』
2012年4月25日発売
SICP3485 ¥2,520(税込)
※日本盤ボーナス・トラック4曲収録
(*:ママス&パパスの楽曲。カッコ内はオリジナル曲のチャート最高位と、収録アルバム)
1.夢のカリフォルニア|California Dreamin'(全米4位 from『If You Can Believe Your Eyes And Ears』)*
2.素敵じゃないか|Wouldn't It Be Nice(全米8位 from『ペット・サウンズ』)
3.愛する君に|Dedicated To The One I Love (全米2位 from『Deliver』)*
4.ドント・ウォーリー・ベイビー|Don't Worry Baby(全米24位 from『シャット・ダウン・ヴォリューム2』)
5.朝日を求めて|Twelve-Thirty(全米20位 from『Papas & The Mamas』*
6.アイ・キャン・ヒアー・ミュージック|I Can Hear Music(from『20/20』)
7.マンデー・マンデー|Monday Monday(全米1位from『If You Can Believe Your Eyes And Ears』)*
8.恋のリバイバル|Do It Again(全米20位 from『20/20』)
9.ゴット・ア・フィーリン|Got A Feelin'(from『If You Can Believe Your Eyes And Ears』)*
10.ファン・ファン・ファン|Fun, Fun, Fun(全米5位 from『シャット・ダウン・ヴォリューム2』)
11.神のみぞ知る|God Only Knows(全米39位 from『ペット・サウンズ』)
12.グッド・ヴァイブレーション|Good Vibrations(全米1位 from『スマイリー・スマイル』)
13.ファン・ファン・ファン|Fun, Fun, Fun(ア・カペラversion) 日本盤ボーナス・トラック
14.マンデー・マンデー|Monday Monday(ア・カペラversion) 日本盤ボーナス・トラック
15.ドント・ウォーリー・ベイビー|Don't Worry Baby(ア・カペラversion)日本盤ボーナス・トラック
16.ホールド・オン(ライヴ)|Hold On (Live)(全米1位 from『ウィルソン・フィリップス』)日本盤ボーナス・トラック

◆ウィルソン・フィリップス・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス