ジャック・ホワイト、『サタデー・ナイト・ライヴ』にソロとして初出演

ツイート

3/3(土)放送の『サタデー・ナイト・ライヴ(SNL)』は、カムバックした女優リンジー・ローハンがホストを務めたことが話題の中心だったが、ミュージカル・ゲストとして登場したジャック・ホワイトもかなりの輝きを放っていたようだ。

ホワイトにとってはソロ・プロジェクトとして初のTV出演となったが、この晩は慣れた様子でパフォーマンスをしていた。それもそのはず、『SNL』にはザ・ホワイト・ストライプスとして2002年に初登場しており、その際にホストを務めたのは今回と同じく話題の的だったジョン・マケイン上院議員だった。

ホワイトが番組中で演奏したのは2回で、1回は全員が女性のバック・バンド、もう1回は全員が男性バック・バンドというまったく異なる編成で登場。

4/24にTHIRD MAN/COLUMBIAレーベルからリリースされる初ソロ・アルバム『ブランダーバス』からの楽曲をパフォーマンスし観客を沸かせた。1曲目はカントリー・ソウル風のシングル「ラヴ・インタラプション」、そして2曲目はザ・ホワイト・ストライプスの路線を踏襲したノリの良いナンバー「シックスティーン・サルティーンズ」で、2曲の演奏のもようはBillboard.comにもアップされているので是非チェックしてほしい。


◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス