曽根由希江、女子共感度100%セツナラブソング第2弾が発売決定

ツイート

10代を中心として若者に人気の文化放送深夜の音楽番組『リッスン?』木曜日担当をはじめ、AM、FMラジオのパーソナリティーとしてもリスナーから支持を集めるシンガーソングライター・曽根由希江。有線放送9月度月間問い合わせランキング1位に輝き、レコチョクランキングでは初登場8位(10月27日付け)を記録するなど、新たなケータイ世代の歌姫としてブレイクの兆しを見せた3rdシングル「君のとなりに」に続く、女子共感度100%セツナラブソング第2弾をリリースする。

◆曽根由希江の最新画像

注目の曽根由希江4枚目のシングル「ねぇ、どうして」は、4月25日にCDリリース。これに先駆けて、3月21日より着うた(R)が配信される。

「ねぇ、どうして」は、片想いの相手の思わせぶりな態度に、「どうして?」という気持ちをぶつけ、距離は近いのに、心は遠い存在の大好きな人への片想いの感情を描いた恋愛ソング。ピアノの切ない旋律が印象的なこの曲の作詞・作曲は曽根由希江が務め、すでにCMソングにも決定しているとのこと。4月1日に一斉解禁を予定している。

「凄く仲が良くて、何でも話せる関係で近い距離にいるのに、心の距離は遠い存在の大好きな人への片想いの感情を歌にしました。同じような経験したことがある人に、『あなたが自分のことを好きなんじゃないかって思ってしまったことは、相手の思わせぶりな態度のせいで、しょうがないことだよね』っていうメッセージが届けばいいなと思います。急いで焦って消化することはないけれども、この曲を聴いて、『自分と同じ経験をしてる人がいるんだ』って感じてもらえたら嬉しいし、少しでも前に進む手助けができたらいいなと思います。」── 曽根由希江

3月21日のレコチョクでの着うた(R)先行配信では、購入特典として、5バージョンにそれぞれ異なる曽根由希江のオリジナル待ち受け画像を、また5バージョンすべてコンプリートすると配信日当日限定の待ち受けFLASHが用意される。さらに、4月21日に都内某所で行なわれる限定イベントへの応募も可能だ。

◆曽根由希江オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報