イル・ディーヴォ来日公演スタート、なんと唱歌「ふるさと」を日本語で

twitterツイート
“21世紀のクラシック"とメンバーも自信をみせる通算5作目のアルバム『ウィキッド・ゲーム』を携え、イル・ディーヴォのジャパン・ツアーが3月6日(火)名古屋日本ガイシホールを皮切りにスタートとなった。

◆イル・ディーヴォ画像

これは2012年2月8日南アフリカ/ケープタウンを皮切りにスタートしたオーケストラを従えて6大陸をまわる大規模なワールドツアー<イル・ディーヴォ & ORCHESTRA IN CONCER>の一環で、日本では大阪城ホール、日本武道館の他、広島でも初めてのコンサートを予定しているものだ。日本公演の後3月下旬から4月にかけては、ポルトガル、スペイン、オーストリア、ベルギー、デンマーク、イギリス、ドイツ、オランダ、アイルランド、スウェーデン、スイスなど13ヶ国で公演を予定している。

黒のタキシードで登場したイル・ディーヴォは、オーケストラをバックにドラマティックでゴージャスな歌声と絶妙のハーモニーを披露、約5000人の会場に詰め掛けたファンを感動の渦に巻き込み、「マイ・ウェイ」や「ネッラ・ファンタジア」「サムホエア」など名曲の数々を全22曲約2時間15分にわたって歌い上げた。

コンサートの後半では、セバスチャンが「今から1年前に日本で悲しい出来事がありました。僕たち4人にとって日本は大切な国なので、まるで自分たちの身に起きたように悲しみを感じました。しかし、驚いたのは日本の皆さんの強い精神力です。大変な状況でも前に向かって進んでいくことを僕たちは日本の方から多くのことを学びました。そして、今夜は日本の皆さまに敬意を表して特別な曲をお送りしたいと思います」と紹介し、唱歌「ふるさと」を日本語で披露。イル・ディーヴォが日本の名曲を日本語で歌うことは初めてのことで、歌い終わったあと、観客からはスタンディング・オベーションで、「ありがとう」の声と拍手がわき起こった。

アンコールとしてTOYOTA「アルファード」TVCM曲でお馴染みの名曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌い始めると会場のボルテージも最高潮に達し、観客総立ちで初日の幕を大成功のうちに閉じた。

東京公演の3月12日(月)、13日(火)、15日(木)日本武道館は既にソールドアウトしてしまっており、追加公演の3月16日(金)日本武道館も残席もうわずかだ。

写真:アラキシン

『ウィキッド・ゲーム』
初回盤(豪華ブックレット付CD+DVD付き)SICP-3313~4 \3,800(税込)
※DVD:ライヴ・イン・ロンドン(ハイライト) 約50分収録
通常盤(CD)SICP-3315 \2,800(税込)

『ライヴ・イン・ロンドン』
DVD SIBP-203 \3,800(税込)
Blu-ray IXP-4 \5,985(税込)
ロイヤル・フィルと共にパフォーマンスしたライヴ映像全19曲を収録。
特典映像:バックステージ、リハーサルの様子、クラシカル・ブリット・アワードや撮影風景、「ウィキッド・ゲーム」を語る他
収録時間:約132分
※Blu-ray Disc特典映像:日本盤のみの特別映像(2011年6月8日 映画「アンダルシア 女神の報復」完成披露試写会でのパフォーマンス)収録。

2012/3/7(水)大阪城ホール 19:00
2012/3/8(木)大阪城ホール 19:00
[問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
2012/3/10(土)広島サンプラザホール 17:00
[問]お問い合せ:夢番地広島 082-249-3571
2012/3/12(月)日本武道館 19:00 SOLD OUT
2012/3/13(火)日本武道館 19:00 SOLD OUT
2012/3/15(木)日本武道館 19:00 SOLD OUT
2012/3/16(金)日本武道館 19:00
[問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
S\12,000 A\11,000 B\10,000(税込)
*6才未満(未就学児童)の方のご入場はお断りさせて頂きます。

◆イル・ディーヴォ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon