BENI、「Ti Amo」英語カヴァーPVで激情的演技に挑戦

twitterツイート

3月21日にリリースされる、BENIによる男性ヴォーカリスト楽曲の英語詞カヴァー・アルバム『COVERS』から、「Ti Amo」(EXILE)のミュージック・ビデオが公開された。

『COVERS』は、「Ti Amo」のほかに、「LA・LA・LA LOVE SONG」(久保田利伸)、「桜坂」(福山雅治)、「ロビンソン」(スピッツ)、「もう恋なんてしない」(槇原敬之)など男性ヴォーカリストたちの大ヒット楽曲全13曲を、英語詞でカヴァー。

幼少期をカリフォルニアで過ごした、英語ネイティブであるBENIも英語詞作に携わり、レコーディングはL.A.で行なわれた。記憶に残る名曲が、BENIの伸びやかなヴォーカルと新アレンジにより新たな魅力を放つ、何度でも聴きたくなる一枚に仕上がっている。

BENIは以前より、ライヴやTV番組で「桜坂」「瞳をとじて」などの英語カヴァーを披露しており、その度に大きな反響があったことから、CD化を望む声に応えて今回のカヴァー・アルバムのリリースが決定したということも頷ける。

そしてこのほど公開された「Ti Amo」ミュージック・ビデオでは、報われない恋に苦しむ女性の切ない心情をBENIがエモーショナルに表現。花瓶を叩き割るなど、激情的な演技にも挑戦している。監督は、本家EXILEの「Ti Amo」ミュージック・ビデオも手掛けた井上哲央氏が手掛けており、妖しくも美しい映像は必見だ。

New Album
『COVERS』
2012年3月21日発売
UPCH-20270 ¥2,800(tax in)
1. Ti Amo
2. LA・LA・LA LOVE SONG
3. 瞳をとじて
4. 奏(かなで)
5. One more time, One more chance
6. ロビンソン
7. Suddenly –ラブ・ストーリーは突然に-
8. もう恋なんてしない
9. 桜坂
10. ここにしか咲かない花
11. 今のキミを忘れない
12. いとしのエリー
13. TRUE LOVE

◆BENI official Facebookページ
◆BENI「COVERS」特設サイト
◆レコチョク×music.jp「I LOVE COVER」(mixiページ)
◆BENIオフィシャルサイト
◆BENIオフィシャルブログ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス