山下智久、NEWS脱退後のシングルがJAPAN HOT 100を制覇

twitterツイート

山下智久のニュー・シングル「愛、テキサス」が、渡辺麻友待望のソロ・デビュー作「シンクロときめき」を抑え見事 JAPAN HOT 100で1位に輝いた。

前作「はだかんぼー」から約1年1ヶ月ぶりのリリースであり、アイドルグループNEWS脱退後初のシングル。自身が主演するTBS系ドラマ『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』の主題歌で、作詞・作曲をティカ・αことやくしまるえつこと永井聖一(相対性理論)が担当。パンチあるメロディに人間の切ない悲哀と生きる喜びを描いたような詩が、山下の優しく切ない声で響いている。

シングルセールスでは「シンクロときめき」に及ばず2位、エアプレイでもMs.OOJAの「Be...」に敗れたが、総合ポイントでその人気ぶりをみせつけた。ドラマ・映画・CMなどで多忙な中、ソロとして新たな一歩を踏み出した本人にとっても嬉しいスタートになったことだろう。

そして、松本潤主演の月9主題歌、嵐の「ワイルド アット ハート」がリリースされており、3週連続でジャニーズアーティストが首位を獲得するかが注目。三代目 J Soul Brothers、西野カナ、現行メンバーでのラストシングルとなるSDN48と強力なアーティストが控えており、次週もチャート動向に注目したい。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報