<インカ帝国展>開幕、いま注目したいケーナの音色はコレだ

ツイート

15世紀前半~16世紀前半に繁栄した、南米最大にしてアンデス文明最後の国家、インカ帝国の謎に迫る考古遺物を公開する<インカ帝国展>が、上野公園国立科学博物館で開催されている。

<インカ帝国展>は、考古学・人類学・歴史学など各分野の最新研究からインカ帝国の全貌に迫るべく、総点数160点に及ぶインカの考古遺物を公開。その多くが日本初公開となる貴重なものだ。

そして、その日本初公開となる<インカ帝国展>に際して、テーマ音楽を担当した南米由来の管楽器ケーナ、サンポーニャ奏者の瀬木貴将(せぎたかまさ)が3月9日、上野公園国立科学博物館で行なわれたマスコミ向け内覧会に参加。テーマ曲「Inka」のライヴ演奏を行なった。

瀬木貴将は、18歳のときに南米・ボリビアに渡り、民族楽器であるケーナとサンポーニャを修行。帰国後の1995年にソロ・デビューを果たし、これまで数多くのCM音楽やテレビ番組のテーマ曲を担当。同楽器の日本における第一人者とされる。

そしてこのほど、インカ帝国の全貌を紹介する日本初の大規模展である<インカ帝国展>の音楽を任されたことに関して、「とてもやりがいを感じる」とコメント。また、自身で書き下ろしたテーマ曲に関しては「13歳からケーナとサンポーニャを吹き始めた自分にとって、インカは憧れでありルーツでもある。その昔、インカの人たちはどんなメロディを奏でたのかと想像しながら作曲しました」と語った。

瀬木貴将が同展のために書き下ろした7曲を収録したアルバム『マチュピチュの夜明け~インカ帝国展イメージアルバム~』は、4月4日に徳間ジャパンからリリースされる。

[全曲解説/参加ミュージシャン]
▼M1/Inka
神秘的で謎だらけのインカ帝国に、子供の頃から様々な幻想、空想を抱いていました。そんな僕の夢のようなインカの世界を、この曲に集約させました。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña,Qunena,Paichichi,Fulauta de amazon & Palo de lluvia) 越田太郎丸(Guitar) 榊原大(Piano & Synthesizer)コモブチキイチロウ(Bass) 村上”ポンタ”秀一(Gran cassa & Drums) 竹本一匹(Shaker,Bongo,Caxixi,Cross Benderz,JuJu)

▼M2/マチュピチュの夜明けEL AMANECER DE MACHU PICHU
早朝まだ誰も居ないマチュピチュの遺跡を見下ろすと、霧に包まれた遺跡の中には、インカの人々が未だ暮らしているような幻想を抱きます。
朝のマチュピチュはとても美しい。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña & Qunena) 越田太郎丸(Guitar) 榊原大(Piano) コモブチキイチロウ(Bass) 村上”ポンタ”秀一(Gran cassa & Drums)

▼M3/コンドルの記憶ALMACENAMIENTO DE CONDOR
上昇気流にのてアンデスの山々をゆったりと旋回するコンドル。インカ帝国の歴史、全貌を知っているのはコンドルだけかも知れません。
そんなコンドルの目線を空想してメロディを書きました。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña, Qunena & Charango)越田太郎丸(Guitar)榊原大(Piano) コモブチキイチロウ(Bass) 村上”ポンタ”秀一(Gran cassa & Drums)

▼M4/ハチドリのダンスDANZA DEL PICAFLOR
朝カーテンを開け、庭を観るとハチドリが木に咲く花に寄ってくる。目にも留まらぬ早さの羽ばたきはとてもキュート。軽快なダンスのようだ。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña,Charango,Bombo & Chajchas)越田太郎丸(Guitar)榊原大(Piano)

▼M5/アタワルパATAHUALLPA
インカ帝国の最後の皇帝。征服したスペイン人を最後まで信じ、インカ帝国の平和を守ろうとした彼の姿勢は勇敢だったことでしょう。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña,Bombo & Palo de luvvia)越田太郎丸(Guitar)榊原大(Piano)

▼M6/ウルバンバ川RIO URUBAMBA
クスコからマチュピチを繋ぐ高山鉄道は、ウルバンバ川沿いを走り続ける。素晴らしい渓流だ。
インカ帝国の人たちも、僕らと同じ景色を観ていたのだろう。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña) 越田太郎丸(Guitar) 佐山雅弘(Piano) 坂本昌人(Bass) 永原元(Drums,Djembe & Caxixi)

▼M7/Inka "SOLO DE QUENA ver."
サンポーニャの風の音色、そしてケーナのソロで演奏しました。スペイン人に征服されるまで、弦楽器などコード楽器はインカにはありませんでした。
素朴なメロディをお楽しみください。
参加ミュージシャン:瀬木貴将(Zampoña & Qunena)

『マチュピチュの夜明け~インカ帝国展イメージアルバム~』
2012年4月4日発売
TKCA-73758 ¥1800(tax in)
1. Inka
2. マチュピチュの夜明け
3. コンドルの記憶
4. ハチドリのダンス
5. アタワルパ
6. ウルバンバ川
7. Inka "SOLO DE QUENA ver."


◆徳間ジャパン
◆<インカ帝国展>公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報