ET-KING、全国ツアーを三重県からスタート

twitterツイート

ET-KINGの20ヵ所21公演という大規模全国ツアー<わっしょい前線2012 ~そこにお前がおるから歌うねん~>が、3月17日にスタートとなった。ツアーのスタートを切った三重県の多気町民文化会館では、彼らならではの熱い歌声とメッセージ、そしてTVのバラエティ番組などでも発揮しているトークで、満員の500名のオーディエンスが歓喜の声を上げた。

◆ET-KING画像

冒頭から、ボーカルのTENNがコール&レスポンスのMCの中で「フラストレーションをぶつけて楽しんでいこうぜ!」と絶叫。観客もそれに応え老若男女入り交じった歓声をステージにぶつけライブはスタート。今回のツアーの為に新調したというトレード・マークであるハッピも、この日が初披露となったものだ。

リーダーのイトキンが結婚ソング「白いドレス」を歌う前に、「近々、結婚するカップルいますか?」と客席に問いかけると4組のカップルが挙手。「突然ですが、ステージに上がって下さい!」と無茶ぶりのハプニングを仕掛け、ステージの上にあがったカップルたちに全員で拍手を送って祝福した。

ET-KINGは3月11日に公式ホームページで、福島第一原発の事故以来避難生活を余儀なくされている福島県双葉郡大熊町の人々に、ファンの協力を仰ぎつつ支援活動を行っていくとの声明を発表している。売上げの一部を、大熊町の子供たちに歌を届けることを中心にした支援活動の資金に充てるというものだが、ライブ中盤ではMCで、前日の16日に現在、会津若松市で運営されている大熊町立幼稚園の卒園式に歌を届けに行ったことを報告。ファンに支援活動を見守ってもらえるようにアピールした。

オーディエンスの多くが目に涙をためている終盤、彼らのライブでは定番の会場全体でタオルを振り回すパフォーマンスで最高潮となりこの日のパフォーマンスは幕を閉じた。最新アルバム『SEVEN STARS』からは全曲と、代表曲「愛しい人へ」「ギフト」「新恋愛」などに加え、4月11日に発売となる新曲「mother」などを披露した。

<ET-KING全国ツアー“わっしょい前線2012 ~そこにお前がおるから歌うねん~”公演日程>
3月24日(土)@米子AZTiC laughs→ Sold Out
3月25日(日)@広島CLUB QUATTRO
3月31日(土)@高松アルファあなぶきホール 小ホール
4月1日(日)@高知BAY5 SQUARE
4月7日(土)@佐賀GEILS
4月8日(日)@長崎DRUM BE-7
4月10日(火)@熊本DRUM BE-9 V1
4月11日(水)@大分DRUM Be-0
4月12日(木)@福岡国際会議場 メインホール
4月14日(土)@鹿児島宝山ホール
4月15日(日)@宮崎WEATHERKING
4月18日(水)@Zepp SENDAI
4月20日(金)@札幌ペニーレーン24
4月22日(日)@青森QUARTER
4月23日(月)@郡山HIPSHOT JAPAN
4月25日(水)@新潟LOTS
4月27日(金)@名古屋中京大学文化市民会館 プルニエホール
5月12日(土)@大阪オリックス劇場→ Sold Out
5月19日(土)@東京SHIBUYA-AX
5月27日(日)@Zepp Namba

ET-KING 第15弾シングル「mother」
4月11日(水)発売
UPCH-5744 1,050円(税込)
1.mother
2.手
3.mother(instrumental)
4.手(instrumental)

◆ET-KINGオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報