LILLIES AND REMAINS、新カバーアルバムをひっさげイベント開催

ツイート
日本人離れしたリアルなニューウェーヴ~ポストパンクサウンドで各方面より注目を集めるLILLIES AND REMAINSが、新作『Re/composition』を4月4日にリリースする。2011年4月に発売し、好調なセールスを記録した『TRANSPERSONAL』以来1年ぶりとなリリースだ。

◆LILLIES AND REMAINS画像

新作『Re/composition』は初の全曲カバーアルバムで、彼らのルーツともいえるギャング・オブ・フォーやキリング・ジョークといったポストパンク勢から、モノクローム・セット、ザ・スミスといったネオアコ勢はもちろん、ヒカシューからブリトニー・スピアーズまでをもカバーするというキャパシティーの広さを見せている。

また、2012年2月に主催イベント<MOTORAMA(モトラマ)>を立ち上げた彼らだが、今回のリリースに合わせて5月にイベント第2弾を開催することも明らかとなった。今回は会場を渋谷AXに移し、イベントのヘッドライナーには新作でもカバーしたポストパンク~インダストリアルの先駆者である伝説的バンド、キリング・ジョークをイギリスより招聘するという。キリング・ジョークはオリジナルメンバーによる新作『MMXII』を引っさげて、2008年以来約4年ぶりの来日を果たすことになる。また同じくイギリスよりLILLIES AND REMAINSのレーベルメイトでもあり、クリス・カニンガムら多数のアーティストからリスペクトされるロンドン地下シーンのカリスマ、セルフィッシュ・カントも出演するようだ。

またあわせて、セルフィッシュ・カントとのスプリットツアーも発表となった。現在は京都と名古屋のスケジュールが発表されているが、今後さらなる追加も予定されているようだ。詳細はオフィシャルサイトにて。お楽しみに。

<LILLIES AND REMAINS presents "MOTORAMA 01">
2012年5月18日(金)
@渋谷AX
Open 17:00 / Start 18:00
出演:KILLING JOKE (from UK), SELFISH CUNT (from UK), LILLIES AND REMAINS
http://www.lilliesandremains.net/motorama/

<SELFISH CUNT×LILLIES AND REMAINS Japan Tour 2012>
2012年5月12日(土)京都METRO
2012年5月13日(日)名古屋APOLLO THEATER

『Re/Composition』
2012年4月4日発売
FIFO-0020 ¥2,310(Tax in)
1.The Wait(Killing Joke)
2.The Cutter (Echo & The Bunnymen)
3.Some Girls Are Bigger Than Others (The Smiths)
4.Pike(Hikashu)
5.Toxic(Britney Spears
6.Ghostrider(Suicide)
7.The Ruling Class(The Monochrome Set)
8.Damaged Goods(Gang of Four)
9.Jean's Not Happening (The Pale Fountains)
10.Lost Cause(Beck)
11.Everything Counts(Depeche Mode)

◆LILLIES AND REMAINSオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報