BEAST、日本ツアー開幕「みなさんの目と心をいっぱいにします」

ツイート

このツアーは、14ヵ国21都市35回公演行なわれるBEAST初のワールド・ツアー<BEAUTIFUL SHOW>の一環として実施。2月4日に地元ソウルからスタートし、ドイツ、イギリス、スペイン、アメリカ、カナダ、シンガポールと周り、この日本公演はその中間地点にあたる。

◆BEAST ライヴ画像

今回のツアーで今まで以上に欧米のファンを熱狂させてきたことがニュースとして伝わってくるなか、ついに迎えた日本ツアー初日の横浜アリーナは11,000人のB2UTY(BEASTのファン)で埋め尽くされた。

一部では「彼ら史上最大の映像ショー」とも称されている今回のツアー。その演出面では、メンバー全員が製作会議段階から参加したほどのこだわりが。大型LEDスクリーンをはじめ、各種映像装備や照明、特殊効果を導入し、計200億ウォンという巨額の製作費が投じられたという。

この日のライヴについてヨソプは、「いつか横浜アリーナでコンサートができるアーティストになりたいと思ってましたが、ついに今日それが実現しました。ドゥジュンは「僕らデビューして1年ですが、横浜アリーナが白い花(白色の花型の大型ペンライトのこと)でいっぱいになるなんて。僕たちは凄く幸せ者です」と挨拶。

ギグァンが「今から僕たちが、みなさんの目と心をいっぱいにします。これからはBEASTとみなさんだけの時間です。楽しく遊びましょう」と語ると、以後コンサートはさまざまな場面を展開していく。

力強いダンスと共にバウンス性の高いナンバー「SHOCK」で会場を熱狂させ、大合唱と合いの手で一体感と共有感を生み出した「BAD GIRL」が披露されると、会場全体も夢見心地。約2時間半に渡り、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

最後のMCでは、一人ひとりがこう締めくくった。

「デビューして1年。このような場所でライヴができて幸せです。この気持ちをまた音楽でお返ししますね」(ドンウン)
「今日はみんな一緒に歌ってくれてありがとう。このツアーを終え、韓国に帰ったら、新しいアルバムの準備に入ります。そして、新しい日本のアルバムも準備しているんでお楽しみに」(ドゥジュン)
「次はもっと大きなステージで待ってます」(ジュンヒョン)
「集まってくれたB2UTYのみなさん、どうもありがとう。次は東京ドームを目指します。ついて来て下さい」( ギグァン)
「今年はもっと日本での活動を増やしたいと思っています。楽しみにしていて下さい」(ヒョンスン)
「みんなに先に喋られちゃって、喋ることが無くなっちゃった(笑)。みなさん、ありがとうございました」(ヨソプ)

横浜アリーナでの2日目の公演の後、3月24日、25日には神戸ワールド記念ホール、3月26日、27日には名古屋・日本ガイシホールにてコンサートを行う彼ら。また、この後もワールドツアーは続き、タイ、台湾、スペイン、カナダ、アメリカ、インドネシア、フィリピン、香港等を回る予定だ。

地元・韓国や、この日本はもとより、現在はワールドワイドに高い人気を誇る彼ら。アジアのスーパーグループから世界のスーパーグループへ。今年は更にワールドワイドにBEAST旋風が吹き荒れそうだ。

文●池田スカオ和宏

<メンバーコメント>
ヨソプ
日本で始めて行われた単独ライブでした。よく出来たとはいえなく色々ミスをしちゃっておしいです。まだ5回のライブが残っているのでこれからどんな姿を見せられるか重いです。でもこのライブツアーが終わったらまたアンコール公演をしたいと思います。

ドンウン
デビュー1周年からそんなに過ぎてないのにこんなに大きいイベントが出来たのはやっぱりファンの皆さんのおかげです。今日のライブで初めて一人で歌ってみましたがファンの皆さんにはどう見えたんでしょうか。日本の曲を歌って日本のファンを大事に思ってる気持ちを伝えたかったんです。色々ミスがあっておしいですが残り5回のライブはもっと頑張ります。

ジュンヒョン
正直に今回の日本ライブツアーする事がすごく楽しみだったのでベストを尽くさなきゃと思って負担が重かったんです。その負担感でむしろミスが出来ちゃってそれが惜しいです。でもファンの皆さんがライブを楽しんでくださって私たちも頑張れました。日本でもっと単独ライブをやりたいです。日本のファンは多少消極的だと思いましたが反応がものすごかったので楽しかったです。

ドゥジュンv日本の初単独ライブにファンの皆さんが沢山来てくださって本当に感謝してます。まだ5回のライブが残っていますがメンバーが怪我をせず最後まで元気で終わらせられたらと思います。もう日本デビュー1周年ですね。これからも沢山のファンの皆さんと共感しながら行きたいと思います。

ギグァン
今までは色んなK-POPアーティストが集まるイベントしかやってなかったんですが、今回のライブは僕たちのファンだけで会場がいっぱいになってもっと楽しかったし、壮観でした。これをきっかけで東京ドームでライブをやりたいという夢が出来ました。

ヒョンスン
ものすごく楽しかったです。どこの国でも見たこと無い整理整頓されてるファンの皆さんの姿が印象的でした。これからもファンの皆さん怪我をせずに僕たちのライブを楽しんでください。

◆オフィシャル・サイト
◆ユニバーサルミュージック
◆BARKS アジアン・アーティスト・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報