ストーン・サワー、2012年秋にニューアルバム?

ツイート
ストーン・サワーが、3月からレコーディングに入っていることがわかった。既に新作用の楽曲はほぼ書き終えており、地元アイオワ州デモイン郊外にあるSound Farm Studioにて、レコーディングをスタートさせているようだ。プロデューサーに迎えているのはデイヴィッド・ボットリル(Tool、Muse、Staind他)だ。

◆ストーン・サワー画像

前作『オーディオ・シークレシー』は2010年に発表され、ビルボード・チャート6位を記録、アメリカのiTunesロック・アルバム・チャートでは1位を記録したほか、ドイツ、日本、オーストリアではTop5を、そしてイギリスやオーストラリアではTop10にランクインし、バンドにとって最も成功を集めた作品となっていた。『オーディオ・シークレシー』からは、「セイ・ユール・ホーント・ミー」が世界中でNo.1スマッシュ・ヒット・シングルとなり、アクティヴ・ロック・チャートでは8週間連続でランクイン、2010年のNo.1メインストリーム・ロック・ソングとなり、同年のアクティヴ・ロック・ソングのカテゴリーでもTop 10に入るヒットを生み出した。

アルバム発表時にはRevolverやGuitar Edgeといった雑誌の表紙を飾り、ViceやInked、Huffington Post、SPINといった雑誌にも登場し、Jimmy Kimmel Live!にも出場するなど、大きな注目を集めるバンドとなった。

「このアルバムは、バンドにとって更なる進化となるだろうね」と、ギタリストのジョッシュ・ランドは語っている。「音楽的には、今までもお互いを刺激しあいながら限界まで自分達を高めてきたんだけど、今作でも同じような形になるよ」。ジョッシュは、最新作の歌詞やストーリーテリングの側面に関しても「歌詞的には、人生における複雑な状況を迎えてしまったあるキャラクターについてのものになる。最終的には、自分自身で、自分の歩むべき道を決断するんだ。残りの人生で、どのような男として過ごしていくことになるのか、といった精神的で、道徳的な力に関しての物語、とでもいうのかな。それぞれの曲で、そのキャラクターの個性を様々な視点から語っていくんだけど、その物語がどういう結末を迎えるのか、それは究極的にはリスナーが決めるようになる」と語った。

現在この新作から、iTunes限定のサントラ『Transformers 3』に提供していた楽曲「ザ・ペシミスト」が無料公開されている。オフィシャルサイトにて、メールアドレスとパスワードを入力するだけでゲットできるものだ。まずはチェックを。ニューアルバムは2012年秋に発表の予定のようだ。

◆ストーン・サワー「ザ・ペシミスト」ダウンロードサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス