カラオケで歌うだけでダイエットできるのであれば、そんなありがたいことはない。楽しくてカロリー消費なんて、夢のようなじゃないか。…ということで、第一興商が通信カラオケDAMシリーズで調べた「歌唱消費カロリーの高いカラオケソングランキング」の発表だ。

◆「歌唱消費カロリーの高いカラオケソングランキング」TOP20画像

このランキングは、2011年年間カラオケリクエストランキングの上位100曲を対象に、その中で消費カロリー標準値が最も高い上位20曲を抽出したもの。今回最も消費カロリーの高い曲は、唯一消費カロリーが20kcalの大台に乗った湘南乃風「睡蓮花」(21.3kcal)だった。なるほど、この曲を絶叫するとぐったり疲れるのはそういうことだったのか。

上位5曲は、湘南乃風(2曲)とコブクロ(3曲)で独占されるという興味深い結果でもあった。また西野カナの「Best Friend」が6位にランクインし、女性アーティストの楽曲ではこの曲が最上位。歌唱時間が長いこと、みんな盛り上がれるようなアップテンポな曲や、しっとり歌いあげるバラードがカロリー消費が大きいという傾向が見れる。

その上で、高消費カロリー値を出すには腹式で大きな声を出すことがポイントだという。

(1)感情を込めて力強く歌うバラード曲や、アップテンポで激しい曲は、消費カロリー値が高い傾向にある。
(2)歌唱時間(発声時間)が長い曲を選ぶ。
(3)大きい声で歌うと消費カロリーは高くなる。歌唱中はお腹に力を入れた腹式発声を意識する。

以上が効率的なカラオケダイエットの基本だ。なお衛星ラジオ「スターデジオ」(スカパー!Ch.400)にて、このランキングの特集番組が4月5日(木)、6日(金)20:00~21:00に放送されるので、薄着になっていく季節に向け、是非チェックを。

※当調査は、通信カラオケDAMシリーズに搭載されている消費カロリーをカラオケ画面に表示するシステム「カロリーりれき」機能の数値を基に実施。DAMシリーズは、全国のカラオケルーム、カラオケスナックなどにおいてシェア過半数を占める業務用通信カラオケシステム。
※1消費カロリーデータは標準値。歌唱条件、個人差等により変化する為、記載の数値を保証するものではありません。標準値とは、カロリーカラオケサービス開始時に、スポーツクラブの協力を得て、カラオケを歌う「声の大きさ」と「発声している時間」と実験によるサンプルデータを掛け合わせて、歌っている人のカロリー消化を計算し表示するもので、曲の長さ、曲間、歌い方などで大きく左右されます。また、算出方法の都合により、標準値には誤差が生じる場合があります。
※リクエストランキング上位100曲内に一部カロリーカラオケ対象外楽曲が含まれております。
※調査期間:2011年1月1日~12月31日