平原綾香、アルバム『ドキッ!』収録曲「NOT A LOVE SONG」がドラマ『新・おみやさん』主題歌に

ツイート
平原綾香の、自身3年2ヶ月振りとなったオリジナルアルバム『ドキッ!』収録曲「NOT A LOVE SONG」が、テレビ朝日系木曜ミステリー『新・おみやさん』(主演:渡瀬恒彦)主題歌に決定した。連続テレビ小説『おひさま』メインテーマ「おひさま~大切なあなたへ」、TBS系3夜連続スペシャルドラマ『ブラックボード ~時代と戦った教師たち~』テーマソング「いつも いつも」に続き、アルバム収録曲からのドラマ主題歌は3作目となる。

◆平原綾香のアーティスト画像

「NOT A LOVE SONG」は、2月29日にリリースされたアルバム『ドキッ!』の先行シングルとして、2月1日に発売された自身28枚目のシングルだ。斬新なサウンド、平原綾香自身の英語ラップ、多重録音によるヴォーカルなど、“クラシック”のイメージとは異なる、彼女の新たなるチャレンジともいうべき意欲作となっている。

「この度、「NOT A LOVE SONG」が『新・おみやさん』のテーマソングに決まり、とても嬉しく思っています!新しい『おみやさん』が始まるということで、とっても楽しみです。ちょうど私も、あたらしい平原綾香を始めたばかりなので、なんだか運命を感じています。「NOT A LOVE SONG」は、究極の愛を歌ったラブソングです。深い人間ドラマを描き続け、今なお挑戦し続ける「新・おみやさん」のかっこよさを、歌でも感じてもらえたらと思います。」── 平原綾香

「歌詞が非常に深く、メロディーも壮大で、これまでの主題歌とは赴きが違うと感じました。この曲がラストに流れることで、ドラマの内容とともに、心に深く何かを残してくれる、そんな主題歌だと思います。」── 渡瀬恒彦

「今までのシリーズでは、明るく前向きな曲を選んできましたが、『新・おみやさん』として再スタートするにあたり、より深く視聴者の方々に語りかける、問いかけるような曲はないかと探していたところ、“もし明日が目の前で呼吸を止めたら…”という平原綾香さんの切なる歌声に出会いました。BGMとしての役割だけではなく、物語のラストで1時間の人間ドラマを2倍にも3倍にも増幅して心に刻みこんでくれると思います。」── ドラマ『新・おみやさん』プロデューサー

◆平原綾香 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報