K-POPアイドルが可愛すぎる女装&若手人気女優が初の男装を披露する映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』、劇中バンドBLAUE ROZENがCDデビュー

twitterツイート

全世界で発売され累計1000万部を誇る大人気コミック『快感♥フレーズ』などで知られる人気漫画家・新條まゆ原作の大ヒット・コミック『愛を歌うより俺に溺れろ!』が、大国男児のカラムと大野いと主演で今夏ついに実写映画化。その劇中に登場するガールズ・バンド、BLAUE ROZEN(ブラウエローゼン)がCDデビューすることが発表された。

◆ブラウエローゼン画像

新條まゆ原作作品としては初の実写映画化としても注目を集めている『愛を歌うより俺に溺れろ!』は、“美少年のような女の子”と“美少女のような男の子”が恋をする、という男女逆転学園ロマンス。

主演を務めるのは、“クリーミー系弟アイドル”ことK-POPグループ・大国男児のカラムと、『高校デビュー』で一躍注目を集めた若手女優の注目株・大野いと。カラムは“男子校の姫”と呼ばれる白石秋羅役で映画初主演、大野いとは“女子高の王子”と呼ばれる桜坂水樹役で初の男装に挑戦する。

そんな二人が主演する映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』(2012年全国ロードショー、角川映画)の劇中に登場するガールズ・ロックバンド“ブラウエローゼン”が、そのテーマ曲「Re:birth day」で今夏CDデビューすることになった。

「Re:birth day」は、薫役を演じる人気モデルのAKIRAがヴォーカルを務め、彼女たちのライヴ・シーンは映画の見どころのひとつ。

今夏リリース予定のCDには、そんなブラウエローゼンのテーマ曲「Re:birth day」と、迫力ある劇中歌「愛より蒼く」が収録され、映画の公開に合わせて今夏の発売を予定。架空の世界から飛び出した“王子様ガールズ・ロックバンド”に注目が集まりそうだ。v
ブラウエローゼンのメンバーは、吉原シュート(沖田愛/Dr)、AKIRA(成瀬薫/Vo)、大野いと(桜坂水樹/G)、シシド(湯浅恵/B)、河村春花(木寺桃子/G)。念のためお知らせしておくが、ヴォーカルの薫を除き、演奏は役者本人によるものではない。
BLAUE ROZEN
Debut CD
2012夏発売
IKCR-95530 ¥1,365(tax in)
[収録曲]
1. Re:birth day(テーマ曲)
2. 愛より蒼く(劇中歌)
3. Re:birth day(instrumental)
4. 愛より蒼く(instrumental)
発売元:ロックチッパーレコード
販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション

映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』
出演:カラム(大国男児) 大野いと
古川雄大 TAKUYA AKIRA シシド 吉原シュート 河村春花
原作:新條まゆ「愛俺!~男子校の姫と女子校の王子~」「愛を歌うより俺に溺れろ!」(角川書店刊) 監督:福山桜子
配給:角川映画  (C)2012「愛俺!」製作委員会

【STORY】ガールズロックバンド・ブラウエローゼンのリーダー・桜坂水樹は、聖野薔薇女子学園で王子様扱いされている綺麗でボーイッシュな少女。そんな彼女が演奏する女性限定のライブに、男海山高校で姫扱いされている美少年・白石秋羅が紛れ込み、突然「ずっと好きでした!」と告白される。幼少期のトラウマで男性が苦手、恋にオクテで素直になれない水樹に対し、外見とは裏腹に男らしく、大胆に強引に自分の気持ちを伝える秋羅。水樹も秋羅を知るたびに、惹かれていくが、対立する聖野薔薇女子学園と男海山高校の垣根を越えて、2人は結ばれることができるのか・・・。

(c)2012映画「愛俺!」製作委員会
2012年全国ロードショー
配給:角川映画

◆映画『愛を歌うより俺に溺れろ!』Facebook
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報