モード学園(東京・大阪・名古屋)の新TVCMはサカナクション×JONTE'の異色な組み合わせ

twitterツイート

サカナクションの新曲が、2012年モード学園(東京・大阪・名古屋)のTVCMソングに決定した。

今回のTVCMでは、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーを務め、ビヨンセのワールドツアーの振付・演出を担当する世界的なダンサー / 振付師・JONTE'とサカナクションの異色のコラボが実現。モード学園らしく、非常にアート性の高い映像となっている。

CM映像では、JONTE'が自ら出演。振り付けも担当し、迷いや悩みなど行く手を阻むものたちを蹴散らしながら、より強い自分へと鍛え上げていく「鍛えることの大切さ」というCMテーマを全身で表現している。

そしてCMのメッセージに賛同し、CMの世界観を共有しながら楽曲制作を行なったのがサカナクション。新曲は、ギターのリフレインが印象的なエレクトロ・サウンドに、瑞々しく躍動的なメロディーが乗る。タイトルやリリース詳細は未発表で、このCM映像以外はヴェールに包まれている楽曲だ。なお、肝心のCM映像は、モード学園(東京・大阪・名古屋)のサイトで視聴できる。

サカナクションは、5月30日にリリースする6枚目のシングル「僕と花」が、4月10日22時からスタートする関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~』の主題歌に決定。ドラマの放送開始に合わせて、着うた(R) / RBTがレコチョク他各配信サイトで先行配信がスタートしている。

◆サカナクション オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報