遊助、最新アルバムが首位を獲得

ツイート

遊助3rdアルバム『あの・・涙があるから愛があるんですケド。』が、4/16日アルバムチャートで初登場1位を獲得した。アルバムでの首位獲得は、前作「あの・・夢もてますケド。」に続き2作目。昨年から今年にかけて「愛」をテーマした「全部好き。」「雄叫び」「一笑懸命」「イナヅマ侍」「Baby Baby」をリリースし、シングルセールチャートでは、すべてTOP5入り。今回のアルバムはその集大成とも言える“愛する気持ち”を持つことの大切さを伝える作品だ。

3位はBENI初のカヴァー・アルバム『COVERS』が先週11位からジャンプアップ。久保田利伸、EXILE、山崎まさよし、スピッツなどの名曲を英語詞で歌い上げ注目が集まり、発売3週目にして今作最高位となった。

DJ KAORIの人気シリーズ『DJ KAORI'S JMIX V』は、加藤ミリヤ、KARA、JUJU、ナオト・インティライミ、BIGBANG等々、ヒット曲満載のリミックスで2週連続4位をキープしている。

注目は、4人組みロックバンド[Champagne]の3rdアルバム『Schwarzenegger』が初登場8位を記録。同チャートでは自身最高位となり、インディーズチャートでは見事首位を獲得した。2010年のCDデビュー以降急速なスピードで人気を博した彼ら。ワンマンツアー<TOUR Schwarzenegger 2012>は各会場ソールドアウト続出で、新作への期待度もうかがえる。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報