Perfume、JAPAN HOT 100で3年ぶりとなる首位獲得

twitterツイート

エアプレイポイントを順調に稼ぎ、4/9付チャートで既にTOP10入りをしていたPerfume「Spring of Life」が、4月11日のリリースを受け、エアプレイ&シングルセールスともに1位をマークし、総合チャートJAPAN HOT 100で文句なしの1位を獲得した。

ユニバーサルミュージック移籍第1弾シングルとして、キャッチーなメロディが印象的な弾ける春にぴったりのシングルをリリースしたPerfume。 同チャートでは「ワンルーム・ディスコ」で首位を獲得(2009/4/6付)して以来、数々のアーティストに首位の座を阻まれてきたが、今回の世界デビューで話題となったことや絶賛オンエア中の「キリンチューハイ氷結」(氷結MAGICAL MUSIC篇)CMソングとして使用されたことが今回の好記録の要因となったようだ。

また、中田ヤスタカ制作によるカップリング曲「コミュニケーション」もカンロ・ピュレグミの本人出演CMソングとして話題に。

こちらもまた恋するピュアな気持ちを歌った可愛さ全開の1曲。レコード会社移籍後「Perfume Records」を設立し世界に飛び立とうとする彼女達は現在コンサートツアー中、来月は日本武道館での4公演が控えている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報