ロッチ・中岡創一、mihimaru GT「SAY YES-102回目のプロポーズ」ビデオで初演技を披露

ツイート

かの名作ドラマ『101回目のプロポーズ』主題歌だったCHAGE and ASKA「SAY YES」をリスペクトし、“フレーズカバー”したmihimaru GT 新曲「SAY YES-102回目のプロポーズ」。本作のミュージックビデオにロッチ・中岡創一と森下悠里が出演。ロッチ・中岡はこのミュージックビデオで初演技を披露している。

◆ロッチ・中岡創一と森下悠里、mihimaru GT 画像、「SAY YES-102回目のプロポーズ」ミュージックビデオ

「SAY YES」をフレーズカバーした本作。ミュージックビデオの制作についても、mihimaru GTサイドが「ドラマ『101回目のプロポーズ』をリスペクトしたビデオを作りたい」と検討を重ね、ビジュアルも含めて“やや共通項のある(?)”ロッチ・中岡にオファーした。もっとも、当の中岡本人は、当日に現場に着きmihimaru GTのふたりと会った第一声が「絶対、ドッキリだと思ってました(汗)。」と語るくらい、まさかのオファーだったようだが。

1991年のバブル時代の設定シーンでは、肩からセーターをかけたり紺ブレを着こなした中岡が、これまたハマリ役といえるミニの真っ赤なボディコンに身を包んだ森下と初演技とは思えないラブラブな演技を連発。また、テーブルをはさんでふたりが何度も抱き合うなど、なんとも羨ま……いや、けしからんシーンもあったとのことで、しかもこのシーン、本編には使われなかったというから本人だけが役得だったらしい。

とはいえ、クライマックスでは「オレがずっと一緒にいるから」という決めゼリフで後ろから彼女を抱きしめるなど大熱演。撮影は深夜までおよび、最後のシーンが終了すると、現場では大きな拍手が起こったという。

完成したミュージックビデオを見たmihimaru GTのふたりも「初演技とは思えないですね。でも本当に中岡さんの味がでていて素晴らしい作品に仕上がりました。ふたりの息も合っていて良かったです。」と大満足だった。

mihimaru GTは、5月30日に5年ぶりとなるベストアルバム『THE BEST of mihimaru GT 2』をリリースする。このベスト盤に先がけて4月25日に配信シングルとしてリリースされたのが、「SAY YES-102回目のプロポーズ」だ。


◆mihimaru GT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報