東方神起、55万人動員のライヴツアーがグランドフィナーレ

twitterツイート
2012年1月の横浜アリーナを皮切りに、全11ヶ所26公演55万人を動員した東方神起の全国ツアー<東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~>が、4月23日の京セラドーム大阪公演をもってグランドフィナーレを迎えた。

◆東方神起 画像@<東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~>

東京ドーム、京セラドーム大阪を3公演ずつ(しかも4月だけで)と、史上最大規模の動員を記録。今回のツアーでは、2011年にリリースしたアルバム『TONE』収録曲を中心にユンホ、チャンミンによるソロ楽曲を含む全26曲を披露。ドーム公演では、3Dマッピングを用いた迫力のパフォーマンスや、トロッコに乗ってワンピースの主題歌となった「ウィーアー!」を歌唱するなど、飽きさせることのない演出が次々に用意され、大歓声の中、約3時間のライヴは終了した。

「良いステージは、かっこいいパフォーマンスだけでつくられるものではない。(良いステージはファンの)皆さんと東方神起、一緒につくられるものだと思います。」── ユンホ

「ステージの上は、幸せを感じられる時でした。」── チャンミン

東方神起は、6月と7月にファンクラブ会員を対象としたイベントを開催することが決定している。全公演で10万人動員規模と、こちらもファンにとっては待ち遠しいものとなっている。

◆東方神起 オフィシャルサイト
◆BARKSアジアンアーティスト チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報