ペルニカ・トリオへ、冨永愛からメッセージ

ツイート
ブルガリアン・フォークの伝統を継承し、ブルガリアンと日本の文化の橋渡しを目指してロンドンで活躍するペルニカ・トリオの『ブルガリアン・ワラベウタ』が4月25日に発売された。ブルガリアン・コーラスの調べで「ふるさと」「さくら」「ずいずいずっころばし」など日本語童謡を美しくカバーした作品だ。

◆ペルニカ・トリオ画像

そんな彼女たちの初来日を祝し、冨永愛からのコメントが到着した。

「柔らかく温かく可愛いらしく、そして懐かしいような3人の歌声とハーモニー。日本語とブルガリア語が綯い交ぜに溶けあって、豊かに優しく響きあう。。。世界中のみんなが、地球の深いところで繋がっていると感じられるような、耳に、心に、沁み入る12曲です。」──冨永愛

音楽を通してブルガリアと日本のカルチャーの橋渡しをしたいという彼女たちに対して、同じブルガリア出身の琴欧洲関も応援のコメントを発表、先日お伝えしたばかりだが、これに対して早速ペルニカ・トリオからもお返しメッセージを発表、心温まるやりとりとなった。

<ペルニカ・トリオから琴欧洲関へ>
「私たちはあなたの功績をとても誇りに思っています。才能と勇気があれば、人は自分の夢を世界中のどこに行っても達成できるということを証明してくれたからです。人生は冒険であり、旅であり、あなたを見知らぬ土地に導くものです。ブルガリア人は日本で幸せをつかむことができるし、ブルガリアにいる日本人もまた幸せになれます。老子は言っています、「本当の旅人は決まった計画などもたない、そしてどこかへたどり着こうという意図もないのだ」と。あなたの未来に幸運が待っていますように」──ペルニカ・トリオ

ペルニカ・トリオは5月19日(土)、20日(日)に行なわれる<live image 12 douze>東京公演へ出演、これが記念すべき初来日となる。


<live image 12 douze>
2012年5月19日(土)OPEN 16:30 / START 17:30@東京国際フォーラムホールA
2012年5月20日(日)OPEN 14:30 / START 15:30@東京国際フォーラムホールA
加古隆クァルテット、小松亮太、ゴンチチ、NAOTO、葉加瀬太郎、羽毛田丈史、宮本笑里、ペルニカ・トリオ and more...(50音順)
全席指定 \8,400(税込)※未就学児童入場不可
[問]キョードー東京 0570-064-708 平日12:00~18:00/土日祝10:00~18:00
http://www.liveimage.jp/

ペルニカ・トリオ『ブルガリアン・ワラベウタ』
2012年4月25日発売
SICP-3410 ¥2,300(税込)
※日本の四季の美しさへの想いを込めた全12曲を収録。
1.ふるさと
2.さくらさくら
3.ずいずいずっころばし
4.おかあさん
5.あめふりくまのこ
6.のばら
7.うみ
8.赤とんぼ
9.江戸子守唄
10.グリーンスリーブス
11.螢の光
12.ペチカ

◆ペルニカ・トリオ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報