「曽根ちゃんのために。」 曽根由希江・27歳の誕生日にファンが巨大花束のプレゼント

ツイート

シンガー・ソングライターの曽根由希江が、4月27日にお台場にあるヴィーナスフォートの教会広場にて、ニューシングル「ねぇ、どうして」のリリース記念と、自身27歳の誕生日を記念したイベントを開催した。

◆曽根由希江 画像@2012.04.27 バースデーイベント

サラリーマンから、デート中のカップル、学校を終えて急いで駆けつけたらしい制服姿の女子高生などなど、バラエティに富んだ層のオーディエンス、ファンが会場となった教会広場に集まってくる。それはまさに、彼女がラジオのパーソナリティとしての顔を持つ文化放送木曜深夜の音楽番組『リッスン?』のリスナー層のよう。曽根はこの番組内で、毎週多くのリスナーから届くメッセージに耳を傾けてきた。悩み事を抱えるリスナーには親身になってマイクの向こうから語りかけ、弱気になっているリスナーには「だいじょうぶ!」と背中を押してきた。そしてアーティスト活動の中では、想いをメロディーに乗せて、ファン、リスナーのさまざまな人生のシーンに届け、彩ってきた。

そんな曽根の言葉や歌に励まされ、元気づけられ、癒されてきた多くのファンが、この日、曽根由希江のために駆けつけたのだ。

開演前、ファン数人が周りに何か呼びかける。そしてその声に応えるように、オーディエンスが集まっていく。たまたま居合わせた人も、なんだか面白そうだとその輪の中に。そう、この日のライヴは、ファンからのサプライズに満ちたものだった。

イベントがスタートし、曽根由希江がステージイン。ステージには、サプライズでセッティングされた、高さ3メートルにもなる巨大ブーケ。そして突然鳴り響く「ハッピーバースデートゥーユー」。何も知らされていなかった曽根は号泣。そんな曽根に集まったファン全員で大合唱となった。

今回、サプライズで設置された生花500本の巨大ブーケ。これはファンからの「おめでとう」の気持ち。ファンからの「おめでとう」メール1通を生花1輪に変えて、集まった花をライヴのステージに届ける、という、フジテレビフラワーネットのサイトにて実施されたファン参加型のサプライズ企画だった(新曲「ねぇ、どうして」は、フジテレビフラワーネットのCMソング)。

そんなサプライズについて、MCとして登場したフジテレビ『スーパーニュース』でグルメコーナーも担当している“曽根由希江の大ファン”なフリーアナウンサー・女優の長崎真友子から説明を受ける。曽根は、「うれしいです。ほんとにうれしいです。」と、声を震わせる。そして涙とともに「みなさんに支えられて、こうして歌ったりとか、こうやって祝ってもらえる誕生日って普通ないじゃないですか。今年は特にお仕事でバタバタしていたので、『誕生日かぁ』なんて考える時間もなかったんですけど、みなさんのあたたかさで、『私、27歳になったんだな』と、心から感じております。本当にありがとうございます。……せっかくばっちりメイクしてきたのになー。」と、いつもの笑顔をみせた。

また、これからの抱負を訊ねられると「学生の頃から、早く30歳になりたいって思っていて、“いつか素敵な30歳”になるのが夢だったんですよ。気づいたら27歳で、30歳に近づいてきているので、しっかりとして、夢があり、そして人に優しくできるような、そんな女性、そんな30歳に向けて、この27歳は準備期間。自分を見つめ直せるよう、素敵な30歳になれるように頑張ります。」と、コメントした。

「みなさんにいただいた想いを、もっともっと返していきたい。だからその想いを込めて」と、27歳の新しい日の第一歩にふさわしい楽曲「New days」から、あらためて曽根由希江のライヴがスタートする。思いを込めて、集まってくれたファンひとりひとりの顔をしっかり見ながら歌う曽根。

しかし、サプライズはこれだけでは終わらない。

新曲「ねぇ、どうして」歌唱のタイミングで、突如、オーディエンスからブルーのサイリウムが掲げられる。イベントがスタートしてから集まってきた人たちにも配布されていくサイリウム。これもまた、ファンからのサプライズプレゼント。曽根は、またもや瞳を潤ませる。

「わたしね、ほんとに夢だったんです。歌を歌っている時にみなさんがサイリウムをこうやってやってくれるの。ずーっと夢だったんです。そこを今、見ちゃったから…(言葉に詰まって、大きく息を吐く)…泣かないよ。心から嬉しいです。本当にありがとうございます。」

この日、曽根は新曲「ねぇ、どうして」のほか、女子サッカー<なでしこリーグ>テーマソングに起用された「手をたたこう」など全4曲を披露。曽根由希江本人にとっても、ファンにとっても忘れられないバースデーライヴイベントとなった。

「素直に、めちゃめちゃビックリしてます。(サプライズに)まったく気づかなかったので。いやー、最初びっくりから入り、そこからどんどん感謝の気持ち、ありがとうの気持ちが大きくなってきてしまって、“ちゃんとライヴできるんだろうか”という自分に対する不安もあったんですけど、27歳、誕生日当日ですし、これからの1年を30歳に向けての準備期間と決めていたので、“ここはちゃんと歌わないと!”と。ファンのみなさんからありがとうの気持ちとしっかりしなきゃって気持ちをいただいた瞬間でした。」── 曽根由希江(ライヴ終了直後の感想)

新曲「ねぇ、どうして」は、フジテレビフラワーネット2012年4月~5月TVCMイメージソング。片想いの相手の思わせぶりな態度に「どうして?」という感情をリアルに描いた恋愛ソングとして、10代20代の女子を中心に共感を呼んでいる。有線放送キャンシステム月間お問い合わせランキングでは、2ヶ月連続でTOP10入り(2月度6位、3月度3位)。さらに、JOYSOUND【歌詞】総合週間ランキング1位(3/12~3/18付)、歌ネットモバイルウィークリーランキング1位(3/19~03/25付)を獲得している。


text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆曽根由希江 「ねぇ、どうして」特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報