英アルバム・チャート、ジャック・ホワイトが1位に

twitterツイート
今週の英シングル・チャートは、先週に続きカーリー・レイ・ジェプセンの「Call Me Maybe」が4週連続でトップに輝いた。2位にはNE-YOをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「Let's Go」が初登場。3位は先週と同じく、FUNの「We Are Young」がキープした。

今週はカルヴィン・ハリスのほか、ロンドン出身のシンガー・ソング・ライターAlex Clareの「Too Close」(6位)、アメリカのロック・バンド、トレインの「Drive By」(10位)が新たにトップ10入りしている。

アルバム・チャートは、ジャック・ホワイトのソロ・デビュー・アルバム『Blunderbuss』が初登場で1位に輝いた。ホワイトがNo.1を獲得するのはホワイト・ストライプス時代をあわせ3回目となる。

代わって先週トップだったアデルの『21』が2位に後退。ラナ・デル・レイの『Born To Die』が4位から3位に再浮上した。

今週はホワイトのほか、ルーファス・ウェインライトの7枚目のスタジオ・アルバム『Out Of The Game』が5位に初登場している。

Ako Suzuki, London


◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報