girl next door、五十嵐 充とのコラボシングル「signal」の全貌解禁

ツイート

girl next doorが5月30日にリリースする新曲「signal」のミュージックビデオ、ジャケット写真が公開された。

◆girl next door 最新アーティスト画像

本作は、すでに明らかにされているとおり、元・Every Little Thingの五十嵐 充が制作に参加。3月に終了した全国ツアーの中でもそのベータ版が一部披露された。五十嵐 充とガルネクといえば、メンバーの鈴木大輔がday after tommorow時代に共作したことはあったが(鈴木はday after tommorowのキーボード、五十嵐はプロデューサー)、それ以来、約7年ぶりだ。

5月30日にリリースされるガルネクのシングルには「signal」のほか、「プレシャスフレンド」という楽曲も収録。こちらも五十嵐とのコラボ作品。今回公開されたのは、切ない旋律にリアルな歌詞で恋に揺れる女性を後ろからそっと押してあげるような「signal」のミュージックビデオで、メンバーの演奏シーンに挿入される、とある女性のさりげない恋愛シーンの日常が共感を誘うものとなっている。

なお、4月29日の『ニコニコ超会議』のエイベックスブースのステージを観ていた人は周知のことと思うが、シングルに収録される「signal」と「プレシャスフレンド」の2曲は、メンバーおよびスタッフ間においてどちらをA面曲にするかで非常に悩むくらい、いずれ劣らぬ楽曲だった。そこで、一度は「signal」のミュージックビデオを制作したものの、『ニコニコ超会議』内の特別番組であらためて視聴者の意見を仰ぐことになった。視聴者からの意見は、「signal」「プレシャスフレンド」「両A面」「signalフレンド」と、これまた判断つきかねる様子。

そして会場の声も合わせて、最終的に「signal」をA面としたシングルとしてリリースされることになったのだ。


◆girl next door オフィシャルサイト
◆BARKSかわいこちゃんねる
この記事をツイート

この記事の関連情報