アッシャー、圧巻の空間パフォーマンス

ツイート
7thアルバム『ルッキング・フォー・マイセルフ』の日米同時発売を6月13日に控え、アッシャーが4月27日(金)、28日(土)の2日間、NYオフブロードウェイ・ショーFUERZA BRUTA(フェルザ・ブルタ)に特別出演し、圧巻の空間パフォーマンス・ショーを披露した。

◆アッシャー画像

FUERZA BRUTAとは、アクロバティックなダンスとスタイリッシュで幻想的なステージングが人気の体感型パフォーマンスで、アッシャーは新作の発売を記念して、2日間限定でこのショーとのコラボレーションを果たし、いまだ全貌の見えていない新作から一部の楽曲を初解禁した。

開演直後、暗闇に包まれた会場に最新アルバムからのファースト・シングル「クライマックス」が流れ、アッシャー演じる主役Running Man(走る男)が白いスーツ姿でワイヤーに繋がれ登場。観客の頭上を右へ左へと駆け巡り、次なる楽曲、アルバム・タイトル曲の「ルッキング・フォー・マイセルフ」と共に会場のテンションを一気に上昇させた。その後、ステージセットが切り替わると、今度はマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる衣装に身を包んだアッシャーが、真骨頂のダンス・パフォーマンスを披露。ここでは先日解禁されたばかりの話題の新曲、マックス・マーティン・プロデュースによる「スクリーム」が爆音で鳴り響き、クラブと化した会場が最高潮の盛り上がりをみせた。ここからは一気にトーンダウン、頭上に薄いビニールでできた巨大プールが出現すると、水の中で舞う女性ダンサー達の神秘的な踊りと、ファルセットのきいたアッシャーの歌声が印象的なバラードとが絶妙なコラボレーションを実現させた。

最後は紙吹雪が舞う中、走る男アッシャーが再び登場。他のキャストと共に宙を舞うと、最後は観客エリアに降りて会場中を熱狂の渦に巻き込み終了。アッシャーの新作楽曲とFUERZA BRUTAの幻想的で非日常的な世界観が見事に融合した、観客にとって忘れられない一夜となった。

会場にはジャスティン・ビーバーも駆けつけ、“キング・オブ・エンターテイメント”の豪華なパフォーマンス・ショーを堪能したようだ。

●ショーでのトラックリスト(アルバムに収録されない楽曲も含む)
1.Climax
2.Looking 4 Myself
3.Lemme See
4.Climax (Kaskade Remix)
5.Twisted
6.Scream
7.Dive
8.Show Me
9.Hot Thing
10.I Care 4 U
11.Euphoria
12.Can't Stop, Won't Stop

『ルッキング・フォー・マイセルフ』(日本盤)
6月13日発売
SICP-3487 スペシャル・プライス 2,310円(税込)
※国内盤ボーナス・トラック収録

◆アッシャー・オフィシャルサイト
◆アッシャー・オフィシャルサイト(海外)
この記事をツイート

この記事の関連情報