2011年9月にニコ動に投稿された型破りの超人気ボカロ曲「千本桜」。投稿から4ヶ月で200万再生というモンスターコンテンツに成長したこの楽曲をきっかけに、ボカロ界の和風ブームは今まさに沸点を迎えようとしている。

◆杵家七三社中 ニコニコ超会議 画像、『花楽里漫葉集 feat.初音ミク』ジャケット、動画(プロの犯行)

そんな中、人気ボカロPたちが手掛けた、初音ミク、KAITO、鏡音リン、レン、がくっぽいどなど人気ボカロキャラによる和風楽曲多数収録の『花楽里漫葉集 feat.初音ミク』が登場した。このCD+DVDに付属のDVDには、ニコニコ動画の人気カテゴリ「演奏してみた」にて圧倒的な再生数とマイリスト数を稼ぎだした和楽器演奏集団・杵家七三社中と歌い手による「千本桜」の演奏動画を収録(杵家七三社中のプロデュースを務める藤山晃太郎 氏は、大変なニコ厨)。さらにメジャー流通のCDジャケットとしては初となる“和風”初音ミクのジャケットを採用している。ジャケットイラストは人気絵師・なぎみそ が手掛けたものだ。

先日開催され大好評に終わった<ニコニコ超会議>でも、和楽器演奏集団・杵家七三社中がステージに登場。観客を圧倒した。

「昼間は小室哲哉さんを始めとするJ-POPの著名な方々と同じavexステージで演奏させて頂き、夜はニコニコ超パーティーで6000人もの人の前で演奏させて頂きました。両方とも沢山の方々に集まって頂き大変感激しております!」── 杵家七三社中