フラリーパッド、杉真理、村田和人とコラボレーション・ライブ

ツイート
ウクレレとギターのアコースティック・インストゥルメンタル・デュオfulare_pad(フラリーパッド)。地元、京都でのライブがあるということで京都へ行ってきました。会場は、京都・三条のLive Spot RAG。RAGは、食事をしながらライブを観ることができる場所。ビールと軽食をいただきながらゆっくりと楽しめる。と思っていたら、会場が満席! さすがの人気です。でも、しっかり席は確保いたしました。

◆fulare_pad画像

2012年4月27日、19:30ライブスタート。1曲目は、杉真理、村田和人、fulare_padの4人で「浜辺のあの娘」。一気に夏の雰囲気になる。2曲目は、fulare_padの2人で「BELIEVIN'」。ウクレレのメロディはとても軽やかで、なんだかワクワクしてくる。「何度も~」って、勝手に歌詞を付けて歌っていました。彼らの楽曲は歌えるインスト。これから始まる楽しいイベントへの序曲だ。

MCでは、今日、初めて僕たちの音楽を聴いた人たちは、いつ歌うのだろう?イントロ長いな~と思っていたかもしれませんが、僕たちは歌のないインストデュオです、と。

続く「陽だまりにつつまれて」は、ただ明るいだけでない曲。陽だまりに包まれたとき、人は心地よくなりながら、いろんなことを考える。その思考回路がメロディになったよう。陽だまりに包まれるときは、心が素に戻り開放されるとき。そんな時に思うことは、きっと正直な思いだろう。曲を聴きながら頭のなかをいろんなことが駆け巡る。

そして、彼らの代表曲でもありCMにも起用された「サマー・シュプール」。この曲では、彼らの繋がりを感じた。それは、彼らがアイコンタクトもなく阿吽の呼吸で演奏しているということ。小学校3年生からの関係は、隣にいるだけで互いの呼吸を感じているんだろうな、と。

インストというと、静かに演奏される曲をただ受け取ると思うかもしれないが、彼らは激しく動きながら演奏する。観ている方も参加する感じ。ウクレレとギターをいう2種類の弦の音域が、心地よく楽しくメロディを踊らせていく。参加しているという気持ちが高まる。

杉真理、村田和人、fulare_padの4人でのライブは、2011年のイベントでの出逢いがきっかけとのこと。そして、今回、fulare_padの地元京都で開催された。時に、客席と会話のキャッチボールがある。そんな光景は、東京ではあまり見られないものだ。4人での演奏では、村田和人がベースを弾くシーンもあり、ウクレレ、2本のギター、ベースという弦の太さによる音の重さの違いで、時に風が強く吹いているように感じる。

MCでは、杉真理と村田和人は、アロハ・ブラザースというユニットを組んでおり、ハワイパパイヤ大使に任命されているという話も。そして、ハワイを歌った「PAKALOLOは愛の言葉」を披露。一気にハワイだ。そして、ハワイへ行ったと思ったら、今度はfulare_padの「京都タワーにのぼって」で京都へ戻る。fulare_padは、京都のエエトコを勝手にPRするというコンセプトで「勝手にコマソン!」としてライブ音源を収録している。インスト・デュオが、コマソン?と思いきや、歌わないのに歌詞があり、歌詞を見ているとなぜか歌えてしまうという不思議さ。MCでは、京都タワーのうんちくを。高さは131m。なぜ131mかというと、その当時の京都市の人口が131万人だったとか。

京都のあとは、アロハ・ブラザースとfulare_padで。ジャマイカ、イタリアと旅をさせていただきました。アンコールは「風のシャンプー」。そしてラストは「一本の音楽」。約3時間に渡るライブは、笑顔いっぱいの時間でした。

<fulare_pad 杉真理、村田和人 4月27日>
1.浜辺のあの娘
2.BELIEVIN'(fulare_pad)
3.陽だまりにつつまれて(fulare_pad)
4.サマー・シュプール(fulare_pad)
5.Once upon a time in Jyo-ji Town(村田和人+杉真理)
6.春が来て君は(杉真理+村田和人)
7.キッチンからI LOVE YOU(村田和人+杉真理)
8.やさしさにおかえり(杉真理+村田和人)
9.太陽のプレシャス(村田和人+杉真理)
10.太陽が知ってる(杉真理+村田和人)
11.オーシャン
12.PAKALOLOは愛の言葉
13.京都タワーにのぼって
14.とりあえずジャマイカ
15.あの日にダルセーニョ
アンコール
1.風のシャンプー
2.バカンスはいつもRain
3.一本の音楽

<ウクレレ・スーパージャム2012>
2012年5月12日(土)
出演:fulare_pad、ライアテア・ヘルム、シントー・ナムチョク、Vance K Band、勝 誠二、他
@東京新橋・ヤクルトホール
15:00開場/16:00開演
全席指定・一般前売6,500円/当日7,000円、親子ペアシート(一般1名+小中学生1名)10,500円
[問]トゥモローハウス 03-5456-9155

2012年5月13日(日)
出演:fulare_pad、ライアテア・ヘルム、シントー・ナムチョク、Kyas、福原直樹、他
@神戸三宮・ウィンターランド
15:00開場/16:00開演
前売6,000円/当日6,500円(ドリンク代500円別途) ※整理番号順入場座席指定
[問]ウィンターランド 078-252-8030

<fulare_pad "Live to the Summer">
2012年6月27日(水)
@横浜関内・ミリオンズデリカート
18:30開場/20:00開演
2,000円(オーダー別途)
[問]ミリオンズデリカート 045-681-6481

2012年6月28日(木)
@東京曙橋・BACK IN TOWN
18:00開場/19:30開演
2,625円(オーダー別途)
[問]BACK IN TOWN 03-3353-4655

2012年7月17日(火)
@東京中目黒・楽屋(らくや)
18:00開場/19:30開演
前売2,500円/当日3,000円(オーダー別途)
[問]楽屋 03-3714-2607

[寄稿] 伊藤緑 http://www.midoriito.jp/

◆fulare_padオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報