2012年7月21日に全国ロードショーとなる、ディズニー/ピクサー作品『メリダとおそろしの森』にて、主人公メリダの日本語吹替版本編声優を務める大島優子が、5月8日(火)に都内のスタジオで公開アフレコ会見を行った。

◆大島優子画像

声優決定の発表からおよそ1ヵ月となったこの日、いよいよメリダとしてアフレコに初挑戦する大島優子は、メリダをイメージしたような淡いブルーの涼しげなワンピース姿で登場。詰めかけた取材陣の前で公開アフレコに臨んだ。

披露したシーンは「メリダの結婚相手を決める対決をメリダが得意の弓を使って阻止しようとするシーン」だ。お転婆で芯が強いメリダを演じ、既にメリダのキャラクターになりきっているかのよう。アフレコ後のフォトセッションでは、弓を射る姿をリクエストされ、ばっちりポーズをきめて撮影に応じた場面も。

メリダに決まった時の心境を「ディズニー/ピクサー作品が大好きなので、(今回の声優決定を受け)まるで夢のようです」と喜びつつも、初めてハリウッド作品に携わることについては「(ハリウッドについて)気にすると萎縮してしまうので、なるべく意識しないようにリラックスしてメリダを演じたい」と気負わずに平常心で臨んでいる様子。

初めてメリダの声をあててみて「(話す相手との)距離感をつかむのが難しいですが、どんな声を出したら良いか考えながらアフレコするのが楽しいです」と話し、「実際にメリダの動作に合わせ動いてイメージしています」と、すでに本番モード。メリダと自分を比較し「自由奔放でお転婆なところが似ている」と自己分析。父親からは「控えめでいなさい」とよく小言を言われるそうだ。

作品に登場する森の魔法をもし使えたら?という質問には「自分に魔法をかけて永遠に魔法を使えるようにしたい!」と、作品の世界観楽しんでいるようだ。

「メリダはお転婆で男勝りだけど、母親をとても愛していて、前に進みたいという芯の強さを持っている。みんなに愛されるように頑張りますので、是非ご覧ください」──大島優子

映画『メリダとおそろしの森』
スコットランドの神秘の森を舞台に、自由を愛する王女メリダの冒険がはじまる!スコットランドのある王国の王女メリダは自由を愛するあまり、王家の伝統を重んじる厳格な母としばしば対立する。ある日“鬼火”に導かれて森の魔女に出会ったメリダは「魔法で自分の運命を変えて欲しい」と魔女に依頼する。だが、太古の昔より人間が森の魔法を使うことは禁じられており、メリダの願いは恐ろしい災いをまねいてしまう。王国と愛する家族を救うため森に立ち向かう決意をしたメリダは、森の魔法を解くことができるのか?
監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
プロデューサー:キャサリン・サラフィアン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)Disney/Pixar.All rights reserved.
http://Disney.jp/merida
7月21日(土)より全国公開、ディズニーデジタル3D同時公開