“元祖メガネっ娘”がゴールデンボンバーを手掛けるtatsuoプロデュースで再出発

ツイート

「変身願望って誰でもあるでしょ?」

そんなノリで始動したという<New Type↑↑プロジェクト>第一弾となるトーキングブンブンが、7月25日にシングル「バイバイと手を振る私には涙の跡」/「妄想夏少女ブンブンブン」でデビューすることを発表した。

事情通の諸兄ならばご存知の方も多いかもしれないが、「トーキングブンブン」を名乗るのは、元祖メガネっ娘アイドル「時東ぁみ」である。

そしてこの度の新たなデビュー作を手掛けているのは、「仮面ライダーシリーズをはじめ、いま飛ぶ鳥を落とす勢いであるゴールデンボンバーのサウンド・プロデュースを手掛ける“tatsuo”がフル・プロデュース。

で。
このプロジェクトを全力でサポートするのが、前代未聞のリアル秋葉原で活躍するアイドル107人「上月みくwith 底抜けブンブンガールズ107」が全面バックアップ。さらに、サウンド面では、プロデューサー“tatsuo”のギターに加え、日本一のリズム隊とうたわれる淳士(BULL ZEICHEN 88、Acid Black Cherry)、IKUO(BULL ZEICHEN 88、T.M.Revolution)という最強リズム隊を迎える。

いまや“COOL JAPAN”として世界から注目を集めるJ-POPシーン。元祖メガネっ娘アイドルの再出発に、注目がそそがれる。


「バイバイと手を振る私には涙の跡」/「妄想夏少女ブンブンブン」
2012年7月25日発売
【初回盤】CD+DVD
XNBG-20001/B  ¥1,700(tax in)
【通常盤】CD ONLY
XNBG-20002 ¥1,050(tax in)
この記事をツイート

この記事の関連情報