ヴァン・ヘイレン、「スケジュールが過酷」で北米ツアーを延期

twitterツイート
初代ヴォーカリスト、デイヴィッド・リー・ロスとのツアーをスタートしたヴァン・ヘイレンが、7月以降の北米ツアーの日程(31公演)を延期することを発表した。

◆デイヴィッド・リー・ロス・コメント映像

当初、延期する理由が説明されなかったためメンバー間の確執が噂されたが、デイヴィッド・リー・ロスがその真相を話す映像を発表した。“疲労”が原因だという。

ロスはこう話している。「バンドはうまくやっている。ここしばらくなかったほどにね。YouTubeの奇跡を通じ、(YouTubeで見ることができる)ショウがそれを証明しているだろう」「いつもの通り、スケジュールに関しては、俺たち、ちょっと消化しきれないことになっている。バンドは勝利をおさめているが、スケジュールは不必要な過酷さでうまく行ってない。7月4日以降これを続けて、オーストラリア、日本へ行ったら、ロボット・ゾンビのツアーになっちまう」

「休みを取ってから、戻ってくる。このツアーには2年もかけるんだから」

どれくらい休みを取るのか、新たな日程はいつになるのかなどはまだ発表されていない。


Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報